スポンサードリンク

ダルビッシュ有、オープン戦初登板でいきなり6球種を披露(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ダルビッシュ有、オープン戦初登板でいきなり6球種を披露
[元記事]
シカゴ・カブスのダルビッシュ有が現地29日(日本時間3月1日)のブリュワーズ戦で、日本人メジャーリーガーのトリを取るかたちでオープン戦初登板を果たした。

ウィンディ・シティ(シカゴの愛称)での3シーズン目を迎える右腕は、今春初登場でいきなり6球種を投げ、試合後には現地メディアに対する受け答えで貫禄を漂わせた。以下、同日付で『MLB.com』に掲載された速報記事の抜粋である。

「投手に春先の初登板で何を達成したいかと問えば、恐らく大多数は、とにかく物事をシンプルにしたいと答えることだろう。しかし、カブスの先発投手ユウ・ダルビッシュは、その限りではない。

ダルビッシュはカクタスリーグ初登板となった土曜のスローン・パークでのブリュワーズ戦で、カブスが4-3で敗れる中、2回を投げ、異なる6種類の球種を投げるなど、活力を見せた」。

「(フォーシームの)速球、カットボール、ハードカッター、スライダー、ナックルカーブ、ツーシーム(の速球)だね」とダルビッシュは笑みを浮かべながら言った。「そう、6球種だよ」。

「ただ、単に野球をプレーしただけさ。これは(自分にとって)最初の試合だから、自分のルーティンが合っているかどうか確かめる必要があったんだ。それだけだよ」。

ダルビッシュは試合初球でオーランド・アルシアに先頭打者本塁打を許すも、その後は、試合序盤から様々な球種を披露した。

彼はアビサイル・ガルシアを98マイルの速球で、ローガン・モリソンを80マイル台中盤のナックルカーブで仕留め、二者連続三振で初回を締め括った。

「僕はこの国での9年間で自分のパワーカーブを見せてきたけれど、この投球に対しては誰も上手く打てた試しはないんだ」とダルビッシュ。「だから、いつでも見せることができるんだ」。

33歳の右腕は、長年に渡り見事な投球レパートリーで高い評価を得ており、ファンばかりか、対戦相手でさえ、彼の豊富な球種の数にはショックを受けてきたが、彼のチームメイトは異なるようだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク