スポンサードリンク

第2回:Windows 7 ProをMicrosoft 365でWindows 10 Businessへアップグレード(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

第2回:Windows 7 ProをMicrosoft 365でWindows 10 Businessへアップグレード
[元記事]
 企業においてWindows 7からWindows 10へのアップグレードを検討するとき、選択肢の1つとなるのがMicrosoft 365の利用だ。前回解説した通り、Microsoft 365にはWindows 10のライセンスが組み込まれており、これを利用することでWindows 10をサブスクリプションで利用することが可能になる。【この記事に関する別の画像を見る】 そこで今回は、実際にWindows 7環境をMicrosoft 365 Businessで提供されるWindows 10 Businessへとアップグレードする手順を解説しよう。
■Windows 10にアップグレード後、Azure Active Directoryに参加
 付属するWindows 10のエディションは、Microsoft 365のプランによって異なっている。中堅中小企業向けのMicrosoft 365 BusinessではBusiness、Microsoft 365 E3/E5ではWindows 10 Enterpriseとなっている。
 Microsoft 365 Businessに付属するWindows 10のライセンスは、Windows 7 ProfessionalおよびWindows 8/8.1 Proからのアップグレードライセンスであり、エディションとしてはWindows 10 Businessとなるわけだ。
 Windows 7からのアップグレードを行うには、まずMicrosoftのソフトウェアダウンロードサイトから「Media Creation Tool」をダウンロードして実行し、「このPCを今すぐアップグレードする」を選択してアップグレードする。あるいは「別のPCのインストールメディアを作成する」を選び、作成したインストールメディアを使ってアップグレードを行ってもいい。
 Windows 10へのアップグレードが完了したら、Microsoft 365に含まれているサービスの1つであるAzure Active Directoryに参加させる。Azure Active Directoryは、通常のActive Directoryと同様、ユーザー認証などを行うための基盤である。
 Azure Active Directoryに参加させるには、Windows 10で「設定」を開き、「アカウント」にある「職場または学校にアクセスする」で「接続」をクリックした後、現れたダイアログで「このデバイスをAzure Active Directoryに参加させる」を選択すればいい。ユーザー認証画面が表示されるので、Microsoft 365のアカウント情報を入力すれば完了だ。
 Azure Active Directoryに接続した後で、Windows 10を再起動し、Azure Active Directoryの接続に利用したアカウントでサインインする。これでWindows 10のバージョン情報をチェックすると、エディション欄が「Windows 10 Business」と表示される。
 Azure Active Directoryに参加させれば、Active Directoryと同様、ポリシーの仕組みを用いてPCを制御することが可能になる。具体的には、作業ファイルおよびOfficeアプリケーションで作成したファイルの暗号化や、データのコピーの制限、各種セキュリティ機能の無効/有効化を制御できる。
 またMicrosoft 365では、Windows 10のほかにAndroidやiOSを管理することも可能だ。これらのデバイス管理の機能については、回を改めて紹介したい。
■OfficeアプリケーションとMicrosoft Teamsも利用可能
 Microsoft 365 Businessでは、最新のMicrosoft OfficeアプリケーションをPCにインストールして利用できる。Microsoft Officeをインストールするには、Office 365のホーム画面にある「Officeのインストール」をクリックし、「Office 365アプリ」を選択すればいい。
 これにより、WordやExcel、PowerPoint、OutlookなどのOfficeアプリケーションのほか、オンラインストレージであるOneDrive for Businessのクライアント、ビジネス向けのチャットツールであるMicrosoft Teamsなどがインストールされる。
 ここでは詳しく説明しないが、OneDrive for Businessにファイルを保存して複数のユーザーでファイルを共有したり、1つのファイルを複数のユーザーで同時に編集するといったことが可能になる。
 また、ぜひ活用していただきたいのがMicrosoft Teamsだ。コミュニケーションの無駄を省けるため、メールよりも効率的に意思疎通ができるメリットがあるほか、ファイルのやり取りもスムーズに行うことができる。
 設定次第では、外部のユーザーをチームに招待することも可能で、企業の枠を越えたプロジェクトチームのコミュニケーションに利用できる。
 音声や映像を使ったウェブ会議の機能もあるので、在宅勤務中の従業員とのミーティングにも活用できる。働き方改革の推進にも有効だろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク