スポンサードリンク

Microsoft、「Windows 10X」をエミュレートできる「Microsoft Emulator」アプリを公開(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Microsoft、「Windows 10X」をエミュレートできる「Microsoft Emulator」アプリを公開
[元記事]
 米Microsoftは2月11日(現地時間)、 デュアルスクリーン開発にフォーカスしたオンラインイベント“Microsoft 365 Developer Day”を開催した。「Windows 10X」をエミュレーションできる「Microsoft Emulator」アプリもリリースされている。【この記事に関する別の画像を見る】 「Microsoft Emulator」アプリは、現在“Microsoft Store”から無償でダウンロード可能。既存の“ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)”アプリやWin32 アプリを展開したり、タッチ操作やデバイスの開閉・回転などをシミュレートして、「Windows 10X」でのアプリの動作をチェックできる。
 なお、「Microsoft Emulator」アプリに「Windows 10X」のイメージは含まれておらず、別途導入する必要がある。
・「Microsoft Emulator」アプリ:https://aka.ms/emulator/app
・「Windows 10X」のエミュレーターイメージ:https://aka.ms/emulator/latest(編集部では未確認だが、いずれ公開される模様)
 また、エミュレーターの動作には64bit版のプレビュー版「Windows 10」が必要。エディションは“Pro”以降、「Windows Insider Preview」Build 19555以降を用意しなければならない。さらにハードウェア要件として、以下が定められている。
・最低でも4コアを搭載するIntel製CPU
・8GB以上のRAM
・15GBのディスク空き領域(SSDを推奨)
・DirectX 11.0以降
・WDDM 2.4以降のグラフィックドライバー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク