スポンサードリンク

北村有起哉、ちょっと残念なベテラン警部役に挑戦…日テレ系連ドラ「美食探偵 明智五郎」(スポーツ報知)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

博多華丸・大吉がうどんの魅力を紹介「こんなに口数の多い華丸さんもあまり見ない」
[元記事]
 俳優・北村有起哉(45)が、中村倫也(33)主演で4月期放送の日本テレビ系連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日曜・後10時半)に出演することが12日、分かった。
 「海月姫」「偽装不倫」などで知られる漫画家・東村アキコ氏の同名毒殺サスペンス漫画が原作。中村はおいしい料理を愛する探偵・明智五郎役。類いまれなるグルメ知識と推理力で殺人事件を解決する。
 北村は警視庁捜査一課のベテラン刑事・上遠野透を演じる。上遠野は明智に事件捜査に首を突っ込まれるのを嫌がるものの、結果助けられてしまう残念な男。明智に頼んで、月イチの食事会「東京美食倶楽部」に入れてもらったが、グルメにはからきし弱く、東京で長年刑事の仕事をしているのに、未だに土佐弁で話す。
 ダークな殺人事件を描く本ドラマの中で、土佐弁を駆使した上遠野と明智との丁々発止のやりとりは、笑って楽しめる見どころのひとつになっている。
 北村は「上遠野の役割としては、頭が切れてちょっと変わった明智というキャラクターをどう引き立てるかが大事。派手に、賑やかに一緒にお芝居楽しみたい」とコメント。
 また、原作について「非常に楽しく読ませて頂きました。女性だけでなく、男性も楽しめる作品だと思います。結構エグイ内容も描かれているので、それをドラマでどう表現していくのか・・・それも楽しみですね」と語った。
 そのほか、美食家の探偵・明智五郎(中村)の相棒として事件捜査に駆り出される小林苺(いちご)役に小芝風花(22)が、明智と禁断の愛で惹かれ合う連続殺人鬼・自称“マグダラのマリア”役には小池栄子(39)が決定している。
 北村は「芝居が達者な人ばかりなので、ぶっ飛んだ設定もアドリブに対しても怖いモノ無しだと思います。お芝居を楽しみにして頂きたい」と意気込んだ。
 ◆第1話あらすじ
 表参道にほど近い雑居ビルに居を構える江戸川探偵事務所。ここで探偵業を営む明智五郎(中村倫也)は、三度の食事に命をかける美食家にして変わり者の探偵。キッチンカーで移動弁当屋を営む小林苺(小芝風花)は、変な髪型に変なスーツで決め込んだキザでワガママな常連客・明智に料理の腕を買われたがために、明智の周りで次々と起こる厄介な事件に巻き込まれることに・・・。
 ある時、明智の元へ夫の浮気に悩む主婦(小池栄子)が依頼に訪れる。毎日違う食べ物の匂いをつけて帰って来る夫の行動を怪しんでいる主婦だが、なんと明智はランチタイムを犠牲にして浮気調査をすることに気が進まない様子。浮気された主婦の気持ちに感情移入した苺は、尾行中の明智に弁当を届ける約束をしてしまう。明智は、主婦の夫が若い女性の家で毎日1時間濃厚なランチタイムを過ごしていることを突き止めるものの、事態は思わぬ殺人事件に発展していく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク