スポンサードリンク

北村有起哉、ベテラン警部役で土佐弁に苦戦「方言手当が欲しい」(オリコン)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

北村有起哉、ベテラン警部役で土佐弁に苦戦「方言手当が欲しい」
[元記事]
 俳優の北村有起哉が、4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)に出演することが、わかった。北村は主人公の探偵・明智五郎(中村倫也)を邪魔者扱いするくせに、結果助けられてしまう、警視庁のベテラン警部・上遠野透(かとおの・とおる)役を演じる。【写真】北村有起哉演じる上遠野透の原作イラスト 同ドラマは『海月姫』や『東京タラレバ娘』で知られる東村アキコ氏の初サスペンス漫画のをもとに探偵・明智が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。
 警視庁捜査一課のベテラン刑事である上遠野は明智に事件捜査に首を突っ込まれるのを嫌がるものの、結果助けられてしまう残念な男。明智に頼んで、月イチの食事会『東京美食倶楽部』に入れてもらったものの、グルメにはからきし弱い。東京で長年刑事の仕事をしているのに、未だにバリバリの土佐弁で話す…というキャラクター。
 ダークな殺人事件を描く本ドラマの中で土佐弁を駆使した上遠野と明智との丁々発止のやりとりは、笑って楽しめるポイントのひとつ。北村は「頭が切れてちょっと変わった明智というキャラクターをどう引き立てるかが大事。とにかく派手に、賑やかに一緒にお芝居を楽しみたいです。あとは…土佐弁が大変です。方言手当が欲しいですね(笑)」と苦戦しているよう。
 「このドラマ、どうなるか想像がつかないな…というのが最初の印象です。中村君、小芝(風花)さん、小池(栄子)さんとフレッシュなメンバーが中心なのですが、キャストだけ見て参加させて下さいと決めました。芝居が達者な人ばかりなので、ぶっ飛んだ設定もアドリブに対しても怖いモノ無しだと思いますし、今のドラマの枠をはみ出すような作品ができるのではないか…と思っています。とにかくお芝居を楽しみにしていただきたいですね」と語る通り、個性的な役者たちの演技バトルもみどころとなりそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク