スポンサードリンク

lockとrockなどのLRを正しく発音できる?世界で最も優れた英語発音矯正アプリ「ELSA Speak」(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

lockとrockなどのLRを正しく発音できる?世界で最も優れた英語発音矯正アプリ「ELSA Speak」
[元記事]
iOSまたはAndroid向けのアプリを使って英語の発音を学習するアプリ。短い課題を次々とクリアしていくことで、英語の上達を目指す。【もっと写真を見る】

 PCやスマホを使って、英語学習を時短にする便利なサービスやツールなどを紹介する連載。今回は、アプリを使って英語の発音を学習できる「ELSA Speak」をご紹介します。
 
長束氏のおすすめポイント
個々の発音を磨くことでリスニング能力の向上が期待できる
「音声知覚の運動理論 (The motor theory of speech perception) 」という考え方がある。これは「音声メッセージを知覚するときには自らがそれを発する際にどのように発音するかという知識を参照しながら解読作業を行なっている」という説で、簡単にいうと「発音できない音は聞こえてこない」ということである。このアプリを使うことで個々の発音の苦手な部分から非常に効率的にそれぞれの音素を練習でき、結果的に英語がよりクリアに聴けるようになっていく。他にも聞き取りの鍵を握る要素はいくつかあるが、自分の苦手な音の把握含めリスニング能力の向上にとても役立つ。人に発音の矯正をしてもらうのは気が引ける方でもどんどん使っていけるので、活用していきたい。
「ELSA Speak」は、iOSまたはAndroid向けのアプリを使って英語の発音を学習するアプリ。短い課題を次々とクリアしていくことで、英語の上達を目指す。「世界で最も優れた英語発音矯正アプリ」とされており、アクセントや難しい発音をスマートフォンのスピーカーとマイクを使って強制してくれる。
 
 英語の発音は、日本語とは大きく異なるため、日本人にとっては上達が難しい。日本語にはない「L」と「R」の使い分けや、舌を使った発音などは特に難易度が高い。日本語でも発音が曖昧でも文章では意味が通じることはあり、同様に英語もネイティブが誤った発音を文脈から補正して理解してくれるので、発音が間違っていても意外に通じてしまう。
 
 しかし、細かい意図が伝わらなくなることもあるし、全く別の意味に捉えられてしまう可能性もある。なるべく正確な発音を習得していくことが、コミニュケーションでは前提となるので、発音の矯正は重要な学習項目だ。
 
「ELSA Speak」は、起動時にいくつかの英文をスマートフォンのマイクに向かって発話し、それを録音して送信。解析結果から現在の発音レベルを測定してくれ、それに合わせた学習プログラムが生成される。
 
 この音声の認識機能とAIによる学習プログラムの生成が「ELSA Speak」の特徴だ。問題は英文の読み上げ、聞き取りなどが用意されているが、いずれも短文なので1問あたり1分程度で終わる。マイクに向かって発話して録音されたデータを送信すると、すぐにその発音が認識され、正しい発音かどうかが分析される。
 
 自分の音声を聞き返したり、ネイティブの発音を確認したりできるので、間違った場合はそれを繰り返して正確な発音を学んでいくといい。簡単なものから難しいものまで、課題を次々とクリアしていくことで、自然と発音が矯正されていく。
 
 例えばレッスン1では発音記号/s/や/sh/、/z/といった発音を学習。1回のレッスンは短く、サクサクと進められる。間違った場合は発音のどの部分が間違えていたかが示されるので、問題が分かりやすい。
 
 様々なテーマやシーンに応じた英単語から短文までが問題として出されて、それぞれ難易度が2種類用意されているので、自分の現状に応じて選択していく形になる。レッスンをクリアすると次の学習プログラムがダウンロードされ、新たな課題に挑戦できる。
 
 単語を検索する辞書機能も用意されており、任意の単語の発音を調べることもできる。学習の進捗状況を確認して、自分の弱点を確認することも可能。学習を続けるほど、自分の欠点が分かり、その欠点を重点的に学習することで、正確な発音に近づけることが可能だ。
 
 有料会員になるとより多くのトレーニングや辞書機能が使えるといったメリットもあるが、学習プログラム自体は無料で利用できる。発音をともなうため、自宅にいる時に空き時間を見つける必要はある。1日5レッスンが推奨だが、全部で5~10分程度なので、朝晩の少しの時間を見つけるだけで十分だろう。
 
 発音に特化しているが、発音は同時に聞くことにも繋がる。「ELSA Speak」を使うことで、ヒアリングとスピーキングの双方を学習できることになる。また、学習のためにはスマートフォンに向かって発話することが必要になる。英語の発音をつい躊躇してしまう人もいるだろうが、これを繰り返すとそうしたためらいも緩和できる。そうした副次的な効果も期待できるアプリだ。
 
協力:長束 啓樹(ENGLISH COMPANY)
大学在学中は、外国語学部で英語学・英文学・音声学などを学び、米ケンタッキー州でTESOL(英語教授法)について学ぶ。帰国後は、教育業界で英語指導に携わり実務経験を積んだ。各種SNSを駆使し英語学習に便利なWebサービス等について調べ、実際に使っては周りに紹介している。
 
文● 小山 安博 協力●長束 啓樹(ENGLISH COMPANY)

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク