スポンサードリンク

テクマトリックス、C#/VB.NET対応静的解析・動的解析ツールの最新版「dotTEST 10.4.3」を販売開始(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Microsoft、「Visual Studio」の「Unity」解析ツールをオープンソースに
[元記事]
 テクマトリックス株式会社は12日、米Parasoftが開発したC#/VB.NET対応の静的解析・動的解析ツール「dotTEST 10.4.3」の販売を開始した。
 dotTESTは、.NETアプリケーションの開発とテスト工数の削減をサポートする、C#/VB.NET対応の静的解析・動的解析自動化ツール。 870個以上のコーディングルールをもとにソースコードを静的に解析し、プログラムの問題点やファイルを横断した処理フローに潜む検出困難なエラーを検出する。また、.NETアプリケーションの実行中のカバレッジ情報も収集し、テストの抜け漏れを防ぐ。
 新バージョンのdotTEST 10.4.3では、ソフトウェアの脆弱性を識別するための脆弱性の種類(脆弱性タイプ)の共通脆弱性タイプ一覧であるCWE(Common Weakness Enumeration)のver.3.4や、CWE Top 25 2019(+On The Cusp)、OWASP Top 10 2017、クレジットカード業界のセキュリティ基準のPCI DSSに対応した静的解析に対応した。専用のダッシュボードとウィジェットを利用して、dotTESTの静的解析違反の結果をCWEやOWASP、PCI DSSなどの基準のリスクスコアリングにマッピングすることで、各基準と照合したリスクのレベルおよびリスクがある場所を正確に把握できる。
 このほか、Visual Studio 2019環境のサポートや、.NET Framework 4.8プロジェクトの解析をサポートし、Visual Studioとの親和性を向上した。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク