スポンサードリンク

日商エレ、「Hybrid Security PoCラボ」を拡張、IaaS基盤におけるセキュリティ検証を可能に(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Box Japan、「Box」上でのコンテンツ活用をよりセキュアにする新機能
[元記事]
 日商エレクトロニクス株式会社(以下、日商エレ)は13日、セキュリティ環境を顧客自身で検証できる「Hybrid Security PoCラボ」の拡張を行い、IaaS基盤におけるセキュリティ検証に対応した。
 Hybrid Security PoCラボは、クラウド環境への移行をセキュリティの観点から支援するサービス。顧客自身で簡単に環境を準備できるため整備の手間がかからず、必要に応じて日商エレの技術的サポートを受けることができ、自社で行うよりもスムーズかつコスト面でも合理的に検証を行える。
 今回の拡張では、IaaSにおけるセキュリティ環境を顧客自身で検証できる環境を提供する。たとえば、Azure(IaaS基盤)のコンフィグレーションエラーなどに伴う脆弱性調査、基盤上のワークロードをモニタリングして異常検出するといった検証・評価が可能になる。
 日商エレでは、2020年5月にはクラウド・オンプレミスのハイブリッド環境のリリースを予定しており、あらゆるニーズに応えるラボを目指すとしている。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク