スポンサードリンク

Corsair、Cherry MX Speed RGBキーのゲーミングキーボードとマウス(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Corsair、Cherry MX Speed RGBキーのゲーミングキーボードとマウス
[元記事]
 株式会社アスクは、Corsairのゲーミングキーボードとマウスを22日に発売する。価格はいずれもオープンプライス。【この記事に関する別の画像を見る】■キーボード
 「K95 RGB PLATINUM XT」は、Cherry MX Speed RGBキースイッチを採用したゲーミングキーボードで、Nキーロールオーバー(アンチゴースト機能搭載)に対応する。店頭予想価格は32,120円前後の見込み。
 キーのバックライトのほか、筐体上部の縁にも「LightEdge」イルミネーションを搭載し、RGBライティングを楽しめるのが特徴。同社の統合ソフトウェア「iCUE」を利用するとライティングのカスタマイズが可能。
 筐体左側には、6つのマクロ専用キーを搭載(Nキーロールオーバー/アンチゴースト対応)。付属のSキーキャップに交換することで、Elgato STREAM DECKのストリーミングコマンドを操作できる。
 そのほか、USBパススルーポートやボリュームコントロール、マルチメディアキー、着脱可能なソフトタイプのパームレストなども備える。
 おもなスペックは、キー配列は英語配列104キー、キー荷重は45g、レポートレートは最大1,000Hz、ストローク耐久性は5,000万回。
 本体サイズは465×171×36mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.31kg。
■マウス
 「SCIMITAR RGB ELITE」は、左サイドに搭載した12個のプログラマブルボタンが特徴のゲーミングマウス。店頭予想価格は14,300円前後の見込み。
 最大解像度18,000dpiのPixArt PMW-3391センサーを搭載し、1dpi単位の切り替えに対応。左右のメインスイッチには、クリック耐用5,000万回のオムロン製スイッチを搭載した。
 筐体左サイドには12個のプログラマブルボタンを搭載。独自の「Key Slider」機構で、サイドボタンの位置を細かく調整できる。
 そのほか、パームレストのロゴ部など、4カ所にRGBバックライトを搭載。同社の統合ソフトウェア「iCUE」で、バックライトのカスタマイズやマクロの設定などが可能。
 本体サイズは78×120×42mm(幅×奥行き×高さ)、重量は122g。ケーブル長は180cm。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク