スポンサードリンク

『鬼滅の刃』史上3作目の週間売上100万部超えで1位初登場【オリコンランキング】(オリコン)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

『鬼滅の刃』史上3作目の週間売上100万部超えで1位初登場【オリコンランキング】
[元記事]
 2/17付オリコン週間コミックランキング(集計期間: 2月3日~9日)で、吾峠呼世晴『鬼滅の刃』最新19巻が週間137.8万部を売り上げ、2作連続通算3作目の1位を獲得した。週間売上100万部超えは、昨年10/14付での『ONE PIECE 94』以来となる。さらに『ONE PIECE』(45作)、『進撃の巨人』(2作)に続き、週間コミックランキング史上3作目の週間売上100万部突破作品となった。【写真】すべてはここから始まった…『鬼滅の刃 1』ほか全巻表紙 また今週も11巻、10巻、9巻、2巻、1巻、14巻、3巻、12巻、13巻がTOP10入りし、シリーズで1位から10位を独占。史上初の「2週連続1位~10位独占」を記録した。
 なお同付週間BOOKランキングでは、ノベライズ第1弾『鬼滅の刃 しあわせの花』が7週連続通算15週目、第2弾『鬼滅の刃 片羽の蝶』が10週連続通算16週目のTOP10入りとなる2位、3位にランクイン。同時TOP10入りはこれで7週連続となった。さらに第1弾は累積売上が50.7万部となり50万部を突破した。
 『鬼滅の刃』は、人喰い鬼の棲む世界を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう)と鬼との戦いを描くダークファンタジー。昨年のテレビアニメ化をきっかけに人気が急上昇し、今年、劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』の公開が決定している。
※「オリコン週間”本”ランキング」は、「2008/4/7付」よりスタート

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク