スポンサードリンク

パソコン創成期にハマったBASIC言語が楽しめる「IchigoDyhook」を衝動買い(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

パソコン創成期にハマったBASIC言語が楽しめる「IchigoDyhook」を衝動買い
[元記事]
文系の筆者が一番とっつきやすかったのは当時、多くのパソコンにROMベースで搭載されていたBASIC言語。そんなBASIC言語が動くというレガシーなハンドヘルド型の「IchigoDyhook」コンピューターを一目で気に入り衝動買いした。【もっと写真を見る】

BASICでパーソナルコンピューターに目覚めた世代に響く
ノスタルジックかつ楽しい製品だ
 パソコン創成期のころ、BASICにハマった時期があった。パソコンワールドには多少遅れてデビューした筆者の人生初のパソコンは、富士通製のFM-7だった。しかし興味が湧くとアッという間に深みにハマる悪い質ゆえ、その後は、NEC PC9801F、Macintosh Plus、IBM-JX、Toshiba J3100GTとみるみるうちに自宅の机の上はパソコンだらけになってしまった。
 
 もちろんこの時代にも、すでにさまざまなプログラミング言語はあったが、文系の筆者が一番とっつきやすかったのは当時、多くのパソコンにROMベースで搭載されていたBASICだった。そんなBASICが動くというレガシーなハンドヘルド型の「IchigoDyhook」コンピューターを一目で気に入り衝動買い注文した。
 
 ところがいろいろ調べていくと、すでに発売中のコンピューター本体であるIchigoIgaiとペアとなるBASIC基板である「IchigoDake」のひとつである「BASIC基板」(以降、IchigoDakeと表記)とは相性が悪いらしく、文字がにじんだりブレたりするという情報が飛び込んできた。
 
 
■追記
 
 なお、PCNウェブサイトでの案内によると、現在は問題は解決しているようです。
 
ーーー以下、引用ーーー
「IchigoDake Basic」をお使いいただく場合は、バージョン 1.4.1Dをお使いください。それ以前のバージョンの場合、表示に乱れが発生する場合がございます。
※2020/1/21から、IchigoDake BasicはIchigoJam バージョン 1.4.1Dで出荷しています。
 
 欲しいと思ったらなにがなにでも欲しくなるわがままな筆者は、急遽、IchigoDyhookを発注先の会社と相談の上キャンセルをお願いして、別の会社から従来のIchigoIgaiとIchigoDakeの両者を購入して、また久方ぶりに半田ごてワークをすることになった。
 
IBMのThinkPadキーボードもLenovoに引き継ぎ後の
ThinkPadキーボードも、PS/2互換のキーボードではない!?
 組み立て作業は難なく終了し、IchigoIgaiとIchigoDakeをドッキング、USB/ACアダプターから給電。そして自宅にたくさんあるPS/2キーボードと接続してみた後で、我が家にはなんと「ビデオ入力端子がついたテレビなどのモニター」がただの一台もないことに気づいた。
 
 またしても翌日配達のAmazonプライムで、小さな黄色いビデオ入力端子付きのモニターを購入。やっと全部が揃って無事に懐かしいBASICで遊べると思った。ところが不運が重なる時は重なるもので、またしても現実はそれほど甘くはなかった。
 
 今度はなぜか、自宅にある10台を超えるすべてのキーボードを繋いでみても、どれもまったく文字入力ができない。知識のない筆者の得意技である「分からないときのネット頼み」でいろいろ調べてみたところ、どうも筆者が勝手にPS/2キーボードと理解していた自宅に一杯あるキーボードは「ただのUSBキーボード」であって別に「PS/2互換キーボード」ではないらしい。
 
 驚いたのはPS/2キーボードを生み出したIBMのThinkPadキーボードも、Lenovoに引き継がれてから発売されたThinkPadキーボードも、そのいずれもがPS/2互換のキーボードではないことだった。ということで自宅にあった、約10台ほどのキーボードは単なるUSBキーボードで、いずれもがIchigoIgai+IchigoDakeのコンビネーションではピクリとも動作しなかった。
 
 やっと届いたNTSC液晶モニターに続いて、またしても「PS/2互換キーボード」も購入する羽目になった。数少ない推奨機種の中から選択して買ったのは、エレコムのPS/キーボード(USBインターフェース)、IchigoIgai+IchigoDakeで動作するとお墨付きの付いたキーボードだった。最初にIchigoIgai+IchigoDakeを組み立てた日から数えて、なんと5日目にしてやっと念願のBASICでプログラミングすることに成功した。
 
 ところがこのエレコムのPS/2互換キーボード早く買いたい一心で購入時には、まったく気付かなかったが、EnterキーやBackSpaceキーの右側にPgUpやPgDn、Homeなどがまだ縦1列もある、私的には極めて期待ハズレの変態キーボードだった。
 
 もうここまで来たら、最高のBASICプログラミング環境を整えるべく筆者宅にあるレガシーだけどUI的には超素晴らしい「キング・オフ・キーボーズ」のすべてを生かすべくなにか対策はないかと、SNSやブログなどを嗅ぎまわったところ、なんとスイッチサイエンスが発売している「PS/2 USB逆変換アダプタ」と呼ばれる名前の意味すらよく理解できないアダプターを発見した。
 
 もはや待つことと速攻で注文することは熟練者なので、速攻で発注。2日ほどで届いた変態アダプターを介して自宅に転がっている「なんちゃってPS/2のUSBキーボード」を繋いでみたところ、IchigoIgai+IchigoDakeが見事にキーボードを認識! 変態アダプターが届く前には、まったくピクリとも動作しなかった約10台ほどのなんちゃってPS/2キーボードもすべて完動した。
 
さらに衝動買いを重ねる
 しかし、自宅内とは言え、ある時は自分の机の上で、またある時はダイニングテーブル、夜は寝室のベッドサイドでなどと甘いことを考えていた筆者にとって、IchidoIgai+IchidoDake、NTSCモニターTV+ACアダプター、キーボード、USB/AC電源アダプター、PS/2 USB逆変換アダプターに加えて数本のケーブルを持って部屋間を移動するのは、重さは別にして、イメージ的にはデスクトップPCを持って部屋間移動するに等しい。
 
 これはやっぱり無理だろうということで、やはり初心に帰ってこれら全部をAll-in-OneにしたIchigoDyhookの購入に、踏み切った。しかし冒頭に書いたトラブルによる動作保証がないというので、自分で組み立てた愛着のあるIchigoDakeはIchigoDyhookと一緒に使わず、動作保証のある表面実装組み立て済みの「IchigoDake」も同時に注文した。
 
 送られてきたIchigoDyhookは、昔、筆者が国内外のあらゆる場所を持ち歩いてネットにも接続して大活躍してくれたエプソンのWard Bank Note(ワードプロセッサー)にも似た極めて雰囲気の良いハンドヘルド型だった。チープでトランスルーセントな雰囲気も最高だ
 
 電源は単3アルカリ乾電池4本で動作する。同時に届いた表面実装のIchigoDakeは表面にほとんどコンポーネットが見当たらずやけにスッキリした印象だ。早速、表面実装のIchigoDakeをIchigoDyhookの右側の専用スロットに挿入して電源オンしたら一発起動した。これでもう自宅内の部屋間だけでなく、カフェでも電車の中でも、すべてのアウトドア環境で365日24時間BASICのプログラミング環境が実現できた。
 
ともあれこの2週間ほどで投資した総額はたった1万8000円
 安心したついでに、今回の右往左往のトリガーとなった「コンポーネントパーツのバラツキによって発生するという文字のにじみやブレ」をこの際、確かめてみようと思って、表面実装のIchigoDakeを引き抜き、代わりに自ら半田ごてを当てた愛着のある「IchigoDake」を挿入して電源オンしたところなぜか別に雰囲気はなにも変わらない。
 
 液晶画面の文字のにじみもブレも皆無だ。結局、この2週間ほど筆者はいったいなにをやっていたのだろう。でも、この2週間ほどで投資した総額はたった1万8000円足らず。これは人生初のBASICのプログラムを組んだ、富士通FM-7のたった7分の1、その後買ったMacintosh Plusのなんと35分の1の金額だ。
 
 今回経験したこともすべて無駄ではなく、さまざまなことが分かった。なかでも自分が勝手に心の底と頭の中で100% PS/2互換キーボードだと思っていたThinkPad USBトラックポイントキーボードが、IBM時代も今のLenovoの時代も、PS/2互換キーボードではないことが分かったことの意義は大きい。人生はいつも失敗と実践と勉強の繰り返しでなかなか楽しいものだ。
 
 
今回の衝動買い
アイテム:IchigoDyhook、IchidoDake BASIC(完成品)
・購入:PCN
・価格:8778円(IchigoDyhook)、1298円(IchidoDake BASIC:完成品)
 
T教授
 日本IBM社でThinkPadのブランド戦略や製品企画を担当。国立大芸術文化学部教授に転職するも1年で迷走。現在はパートタイマーで、熱中小学校 用務員。「他力創発」をエンジンとする「Thinking Power Project」の商品企画員であり、衝動買いの達人。
 
文● T教授、撮影●T教授、編集●ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク