スポンサードリンク

ASUS、白色で3連ファン採用の「GeForce RTX 2080 SUPER」搭載ビデオカード(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ASUS、白色で3連ファン採用の「GeForce RTX 2080 SUPER」搭載ビデオカード
[元記事]
ASUSからビデオカード2製品が登場。GeForce RTX 2080 SUPER搭載の「ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING」は、3連ファンを採用した白いハイエンドモデルだ。【もっと写真を見る】

 ASUS JAPANは3月5日、GeForce RTX 2080 SUPERとGeForce RTX 2060 SUPERを搭載したビデオカード2製品を発表。3月6日より販売を開始する。価格はいずれもオープン。
 
 GeForce RTX 2080 SUPERを搭載する「ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING」は、3連ファンを採用した白いハイエンドモデル。大型ブレード用の小型ハブと下向きの空気圧を高めるためのバリアーリング備えた「Axial-techファン」を搭載。
 
 GPUコアの温度が55度を下回ったときにファンの回転を止めることができる「0dB テクノロジー」を備え、負荷の軽いゲームを静かに楽しめるという。GPUの温度が上がると、ファンは自動的に再び回転する。
 
 2.7スロット設計により、表面積が広いヒートシンクを採用。追加のサーマルヘッドルームによってオーバークロックの可能性が高まり、負荷が少ないゲームでファンをさらに低速で回転させることが可能だという。
 
 基板上にファンモードの切り替えが可能なDual BIOSスイッチを搭載。Performanceモードでは、ファンが常に回転してカードを低温に保つ。Quietモードでは、パワーターゲットの設定が優先され、指定温度に満たない中程度の温度では静かな動作のために緩やかなファンカーブを描く。GPU Tweak IIソフトウェアで更に細かい設定ができる。さらに、ヒートスプレッダとGPUとの接触面積を約2倍に拡大する「MaxContact」技術によって、熱伝達を改善した。
 
 ベースクロックは1650MHz、ブーストクロックは1860MHz(OCモード時1890MHz)。メモリースピードは15.5Gbps。ビデオメモリーは8GB(GDDR6 DRAM)。インターフェースは、HDMI 2.0b×2、DisplayPort 1.4×2、USB Type-C、電源コネクターは8ピン+8ピン。サイズはおよそ幅305×奥行き130×高さ54mm。
 
 GeForce RTX 2060 SUPERを搭載する「DUAL-RTX2060S-O8G-EVO-V2」は、2連ファン採用のミドルモデル。
 
 高い冷却効率をうたうAxial-techファンを採用するほか、負荷の軽いゲームで自動的にファンの動作を止める0dB テクノロジーを搭載。さらに、ASUS独自のビデオカード用強力クーラー「DirectCU」を採用し、熱の移動効率を向上したという。
 
 強度面では、PCB基板をアルミ合金製バックプレートによって補強し、基盤の歪みや回路の損傷を防ぐ他、製造工程ですべてのはんだ付けを1回の工程で完了するオートエクストリームテクノロジーを採用することで部品の熱的負荷を軽減し、洗浄薬品の過剰な使用を避けることで、信頼性を高めたとしている。
 
 ベースクロックは1470MHz、ブーストクロックは1695MHz(OCモード時1725MHz)。メモリースピードは1万4000MHz。ビデオメモリーは8GB(GDDR6 DRAM)。インターフェースは、HDMI 2.0b×2、DisplayPort 1.4×1、DVI-D×1。電源コネクタ―は8ピン×1。サイズはおよそ幅242×奥行き130×高さ53mm。
 
文● ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク