スポンサードリンク

熾烈な個人総合優勝争い(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

熾烈な個人総合優勝争い
[元記事]
欧州各地のジャンプ台周囲は雪が少なく、ここにも暖冬の影響が出てきていた。
前回のコラムで書き添えた予想どおり、W杯開催地で地元出身の選手に勝たせたいという良識がストレートに表れた大会が2月は多く見られた。
ビリンゲンW杯(ドイツ)のライエは飛び慣れて、150m超えさえもみられる巨大なラージヒルで、乱れた風をものともせずに大観衆の声援を前に勝利してみせた。
またザルツブルグから鉱泉地域を山越えで入るクルムの谷間、そこにそびえ立つバドミッテンドルフW杯(オーストリア)のクラフトは、あと3選手を残しての摩訶不思議な2本目キャンセルによって、そこで10mもの飛距離差をつけていた小林陵侑(土屋ホーム)をあっさりと退けて優勝を飾った。

もちろん地元の応援人は喜び勇み、笑顔で会場を後にした。
これはこれで良いのだがそのあまりにもわかりやすい情景には、いささか不満が生じてしまう。
いや、かつてはレジェンド葛西紀明(土屋ホーム)が華麗なる実力と神風によって、このバドミッテンドルフとビリンゲンで勝ち、そこでは各国地元の人々がしっかりと祝福してくれていたことを目の当たりにしていた記憶があり、なんというのだろう、それもW杯ならではの光景である。
それだけに札幌W杯で礼節ある佐藤幸椰(雪印メグミルク)が抜群のテクニックで優勝を遂げ、さらに翌日のデイゲームで小林陵が3位表彰台に乗り、そこでの大きな声援と大倉山に繰り出した大勢の観客の歓喜は素晴らしかった。

その後、日本チームはトップ選手の出場を取りやめたラシュノブ(ルーマニア)大会のノーマルヒルでは、若い選手らにチャンスを見出そうとした。
札幌W杯でわずか数ミリのスーツ規定違反の洗礼を浴びて失格となり、そこからやってやるぞと奮起をみせた渡部弘晃(東京美装)、ここからの飛翔が期待される栃本翔平(雪印メグミルク)、若手の中で順調に経験を積んでいる岩佐勇研(東京美装)、竹内択(飯山市SC/チームTAKU)を送り込み、着実にW杯ポイントの獲得にあたらせたのだ。ここで渡部は28位、栃本が29位と確かな手応えを得た。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク