スポンサードリンク

田中将大が好投、監督は「速球は生き生きしていた」とコメント(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

田中将大が好投、監督は「速球は生き生きしていた」とコメント
[元記事]
ヤンキースの田中将大は現地3日(日本時間4日)にキャンプ地フロリダで行われたレッドソックスとのオープン戦に先発登板し、3回を無安打無失点5奪三振する好投を披露した。
同地区のライバルを相手にしたこの日の右腕のパフォーマンスについて、『MLB.com』は同日付で掲載した記事に「タナカは輝かしい出来」と見出しを付け、記事の中で次のように報じている。

「レッドソックス相手に9-1で勝利した火曜の試合で、マサヒロ・タナカは初回を零封したのだが、その裏の攻撃でゲーリー・サンチェスによる押し出しの死球や、DJ・ルメイユによる2点適時打など、ヤンキースが一挙5安打6得点の猛攻を仕掛けたことで、右腕は長い待ち時間を耐えなければならなくなった」。

その回、ヤンキースはマーティン・ペレスとハンター・ハワースに対し、11人が打席に立った。長い待ち時間にも惑わされなかった田中は、2回を三者凡退に切って取ると、無失点とした3回も、走者をジオ・ウルシェラの失策による1人のみに抑えた。

「こうしたことはシーズン中に起こりやすいですので、それを考えると、予行演習を行えたのは良かったと思います」と、タナカは通訳を介して述べた。「もちろん、味方にはたくさん点を取ってもらいたいですからね」。

この春2度目の出番となった田中は40球を投げ、うちストライクを28球とし、5奪三振に対し無四球とした。田中の次の登板は、日曜にジョージ・M・スタインブレナー・フィールドで行われるブレーブス戦の予定となっている。

「マサは全てにおいてハマっている感じに見えた」とアーロン・ブーン監督は述べた。

「速球は生き生きしていたし、制球も良かった。彼はカットボールを効果的に混ぜていたね。何度か良いスプリットも投げたと思うし、カーブのスピンも効いていたから、とても力強い数イニングだったし、彼もかなり満足していると思う」。

セベリーノの離脱や、ジャッジとスタントンがシーズン開幕に間に合わない見通しとなるなど、ヤンキース周辺には何かとネガティブなニュースの多い春先となっているが、頼れる右腕はシーズン開幕へ向け、着々と準備を進めているようだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク