スポンサードリンク

まぜそばのトッピングは“シュラスコ”! 肉を超堪能できる埼玉・八潮「ハンディクラフトワークス」【日本在住ラーメン大好きアメリカ人による「ラーメンアドベンチャー」】第3回(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

まぜそばのトッピングは“シュラスコ”! 肉を超堪能できる埼玉・八潮「ハンディクラフトワークス」【日本在住ラーメン大好きアメリカ人による「ラーメンアドベンチャー」】第3回
[元記事]
シュラスコは『ハンディクラフトワークス』の代名詞。様々な美味しい肉たちはトッピングになり、その量はラーメンのトッピングの域を超えている。【もっと写真を見る】

 今回は肉の回です!
 
 まずはここに辿り着かないといけない。
 『ハンディクラフトワークス』へは、東京から約1時間かけて埼玉へ。
 つくばエクスプレスの八潮駅から15~20分ほど歩いたところにある。
 
 シュラスコは『ハンディクラフトワークス』の代名詞。
 様々な美味しい肉たちはトッピングになり、その量はラーメンのトッピングの域を超えている。
 
 素晴らしい。
 イベリコ豚、国産豚、牛肉、そしてソーセージ。
 
 しかし、自分が愛してるのは麺なのか?肉なのか?
 それは大した問題じゃない。
 
 これは まぜそば といって、つけ麺の後に考え出された汁なしスタイル。
 麺にソースをドレッシングのように和えて食べる、第三の日本のラーメンだ。
 
 フーディ(食べることが大好きな人)なら誰でも、好きなものを何でも入れられるこのスタイルを気に入るだろう。
 そして味付けが良かったらファンは反応する。
 
 友人と一緒に行って『ボルケーノモンスターパレット』と『ワイルドモンスターパレット』を注文した。
 
 ラインナップは定期的に少しずつ変わるため、店に行く際にメニューを確認するといいだろう。
 
 ボルケーノはローストパインとスパイシーソースのトッピング。
 肉の層の下に埋まっているのは、自慢の極太自家製麺だ。
 
 有名なマスコット『ふなっしー』も絶賛。
 
 フルーツビネガーをかけても絶品だ。
 
 ※本記事は本人からの許諾を取り、以下の英語ブログに最新情報を加え日本語に翻訳したものです
 
 ハンディクラフトワークス (Handicraft Works in Yashio, Saitama)
 http://www.ramenadventures.com/2019/08/handicraft-works-in-yashio-saitama.html
 
ブライアン・マクダクストン Brian Macduckston (ラーメンブロガー)
 
日本在住のラーメン大好きなアメリカ人。ラーメンを英語で発信するラーメンブログ「Ramen Adventures」は世界的な人気を獲得。2015年には書籍「最強アメリカ・ラーメン男 東京 極ウマ50店を食べる(K&Bパブリッシャーズ)」も刊行。現在はラーメン店の世界進出時のコンサル等も担当している。
 
百麺人(https://ramen.walkerplus.com/hyakumenjin/)
 
本人ブログ http://www.ramenadventures.com/
 
文● ブライアン・マクダクストン 編集●ラーメンWalker

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク