スポンサードリンク

チャットやドキュメント共有、ビデオ会議などが可能な統合型コラボレーションツール「Lark」が日本上陸(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

チャットやドキュメント共有、ビデオ会議などが可能な統合型コラボレーションツール「Lark」が日本上陸
[元記事]
シンガポール発の統合型コラボレーションツール「Lark」が日本市場に参入する。チャットやドキュメント共有、クラウドストレージ、ビデオ会議などの機能を備える。【もっと写真を見る】

 シンガポールLark Technologies Pte. Ltd.は3月5日、統合型コラボレーションツール「Lark」を日本市場に導入すると発表した。提供にあたり、Larkの無料提供を開始する。
 
 Larkは、チャットとモバイルを軸とし、カレンダー、各種ドキュメントの共有、クラウドストレージ、アプリセンター内でのサードパーティー製のアプリケーションの利用など、さまざまなアプリケーションがひとつのプラットフォームにまとめられている。機能は常時同期しており、ツール間のアクセスも簡単という。
 
 電話やビデオ会議などの機能を備え、会議をカレンダーにセットすればビデオ会議が開始、議事録のテンプレートを使ってメンバー全員で議事録を作成、会議終了後に、その会議からそのままプロジェクトチャットを作成するなど、業務効率化を図ることが可能。活用例としては、ビジネスのほかにも在宅学習でも利用できるとしている。
 
 対応OSはWindows 7以上/macOS 10.10以上/iOS 10.0/Android 5.3以上。無料提供において、ビデオ会議が50名まで1ミーティングあたり24時間、クラウドストレージが1企業あたり200GBまで、グループチャット5000名まで行なえるほか、スタッフサポートも利用可能(営業日の10時~19時)。
 
文● ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク