スポンサードリンク

ブルズとハイランダーズ、カンファレンス最下位で苦戦する両チームの対戦。スーパーラグビー第6節(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ブルズとハイランダーズ、カンファレンス最下位で苦戦する両チームの対戦。スーパーラグビー第6節
[元記事]
1月31日(金)に始まったスーパーラグビーも今週末でレギュラーシーズンの3分の1にあたる第6節を迎える。
3月7日(土)は開幕から未だ勝ち星がなく、南アフリカカンファレンスでも全体でも最下位のブルズが、ニュージーランドカンファレンス最下位で、全体13位のハイランダーズをホーム、プレトリアのロフタス・ヴァースフィールドで迎える。
スーパーラグビーで優勝3回を誇るブルズだが、ここ数年はなかなか低迷から脱することができていない。
今シーズンは南アフリカ代表のワールドカップ優勝に導いたNO8(ナンバーエイト)ドゥウェイン・フェルミューレン、SO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラードなど、主力6人が抜けてしまった影響は否めない。
今シーズンは開幕戦で南アフリカのライバル、シャークスに15-23で敗戦して以来、ここまで4連敗。勝ち点1と苦しい戦いが続いている。

この状況を打破するため、ポート・ヒューマンHC(ヘッドコーチ)は、前節のハグアレス戦から先発を4人変更。そのうち、NO8(ナンバーエイト)ムラ―・アイス、LO(ロック)にイアン・クロエンワルドはスーパーラグビーデビューとなる。
21歳のアイスは、昨年の南アフリカラグビーU21チャンピオンシップ決勝で活躍し、今年からトップチームに昇格した。
一方、28歳のクロエンワルドは、南アフリカの国内リーグでプレーした後、イタリアのヴェローナを経て、今シーズンからブルズに加わり、21歳のLOルアン・ノーキアとコンビを組む。
その他にFW(フォワード)は、PR(プロップ)にキャプテンの南アフリカ代表トレヴァー・ニャカネとスプリングボクスのキャップを持つリゾ・ゴボカ、HO(フッカー)にグロスターでもプレーしたヤコ・ヴィサヒ。
FL(フランカー)は新加入の元スコッドランド代表ジョシュ・ストラウスと、南アフリカ代表3キャップのマルコ・ファンステーデンがハグアレス戦に引き続き先発する。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク