スポンサードリンク

Microsoft、Windows 10向けのUEFIセキュリティパッチを公開するも、問題発生により撤回(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Microsoft、Windows 10向けのUEFIセキュリティパッチを公開するも、問題発生により撤回
[元記事]
 米Microsoftは2月11日(現地時間、以下同)付けで、Windows 10向けのスタンドアロンセキュリティ更新プログラム「KB4524244」をリリースした。しかし、このパッチは一部の環境で問題が発生することが明らかになったため、15日に撤回されている。
 「KB4524244」は、UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)が有効なPCで、サードパーティー製UEFIブートマネージャーが脆弱性にさらされる問題を解決するためにリリースされた。しかし、一部の環境でこのパッチのインストール後にトラブルが生じたり、“この PC を初期状態に戻す”(Push Button Reset、PBR)機能が正常に動作しなくなるケースが確認されたという。
 “Windows Update”や“Windows Server Update Services(WSUS)”におけるパッチの提供はすでに停止されており、“Microsoft Update Catalog”からも削除されている。同社はパートナーと連携して問題の解消に取り組んでおり、今後のリリースで修正版を提供するとしている。
 もし問題が発生した場合は、Windows 10の更新履歴から当該パッチをアンインストールすればよい。このパッチは他のパッチからは独立(スタンドアロン)しており、削除しても累積的更新プログラムやマンスリーロールアップには影響しない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク