スポンサードリンク

【麒麟がくる】竹千代役の岩田琉聖、イケメン幼少期御用達(オリコン)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

【麒麟がくる】竹千代役の岩田琉聖、イケメン幼少期御用達
[元記事]
 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。第4回(2月9日放送)では、主人公の明智光秀(長谷川博己)が、織田信秀(高橋克典)のいる尾張・古渡城で、のちに徳川家康となる竹千代に出会い、尾張・三河・駿河の情勢を知るシーンが描かれた。【写真】光秀にもらった干し柿を口にする竹千代 戦国大河ドラマに欠かせない存在の家康。近年では、2017年『おんな城主 直虎』で阿部サダヲが13歳から演じて話題になり、16年『真田丸』では内野聖陽、14年『軍師官兵衛』では寺尾聰が後半生を演じていた。『麒麟がくる』は、戦国時代の初期からはじまっており、第4回・初登場時の竹千代は7歳。子役が演じる竹千代が新鮮だ。
 竹千代は、斎藤道三(本木雅弘)が下克上によって美濃の戦国大名に成り上がった頃に、三河の岡崎城主・松平広忠の嫡男として生まれた。今川氏の駿河と織田氏の尾張に挟まれた三河は、菊丸(岡村隆史)いわく、「どちらかの力を借りなければ、やっていけない国」。竹千代によれば「父は今川義元の家来になり下がり」、自分は人質に出され、織田氏に囚われてしまっている。
 竹千代役のキャスティングは、家康役に決まっている風間俊介とのつながりはもちろん、不憫に思った光秀が思わず干し柿をあげたくなるような、「健気(けなげ)さと、成長して家康になっていく、武士の棟梁になる強さ」もポイントだったと、第4回の演出を担当した藤並英樹氏が明かす。
 選ばれた岩田琉聖(9)は、山田涼介(フジテレビ『カインとアベル』)、横浜流星(Amazonプライム『しろときいろ』)、亀梨和也(テレビ東京『東野圭吾 手紙』)、高橋一生(カンテレ『僕らは奇跡でできている』)らが演じる役の幼少期を務めた実績があり、「優しくしてあげたくなるような見た目と雰囲気があって、竹千代にぴったりだと思った」と藤並氏。撮影現場でも「求めらていることの理解力があって、応じることができる賢い子」と、将来有望。
 『麒麟がくる』では、風間にバトンタッチするまでの間、岩田の竹千代を観ることできる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク