スポンサードリンク

映画「侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~」 侍ジャパントップチーム・横浜DeNAベイスターズ 今永昇太投手インタビュー(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

映画「侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~」 侍ジャパントップチーム・横浜DeNAベイスターズ 今永昇太投手インタビュー
[元記事]
「今永カメラ」。侍ジャパン完全密着ドキュメンタリー映画「侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~」オープニング映像は映画スタッフの間でこう呼ばれている。「今永カメラ」は昨年11月に開催されたWBSCプレミア12決勝戦、世界一決定の瞬間をベンチ最前列からおさえており、絶妙なカメラワークや角度など全てが完璧だった。侍ジャパンのベンチに”名カメラマン”が存在するとは、おそらく本映画を観るまで誰も知らなかっただろう。”名カメラマン”に最後を託したのは、本映画の監督・撮影者である三木慎太郎(J SPORTS)。三木は元横浜DeNAベイスターズ球団職員であり、旧知の仲である今永昇太投手にカメラを託した。今永カメラマンの誕生だ。今永カメラマン・・・いや名カメラマンは緊張感あふれる決勝戦のマウンドを、どんな想いで撮影していたのだろうか。カメラを託した三木が今永投手に、大会当時の心境そして侍ジャパントップチームへの想いを中心に話を聞いた。
ー今回のプレミア12では先発として、まずはオープニングラウンド最終戦という大事な試合で、地元チャイニーズ・タイペイを相手に完全アウェーの雰囲気で投げた感じはいかがでしたか?
今永「そうですね、少ない準備の中で會澤さん(広島東洋カープ)と色々なコミュニケーションをとりながら、會澤さんがなんとか僕のいいところを引き出そうとしてくれました。結果としては、3回という先発としての仕事は果たせなかったのかもしれませんが、無失点で試合も負けなかったという意味では、よかったのかなと。国際大会ならではの短期間での準備やハプニング、完全アウェーの中でやれたのも自分のキャリアにとっていい経験になりました。」
ー映画本編でも入れたんですが、地元ファンの大歓声の中マウンドでちょっと「にやっと」笑っているように見えたんですが…
今永「本当ですか??」
ーあの表情がなんかよかったなと。「負けてたまるか!」という気持ちが伝わってきた「にやり」で・・・。
今永「0に抑えたい気持ちが出ていたのかもしれませんね。」
ー日本では11/13スーパーラウンドのメキシコ戦にて先発で投げました。6回1安打8奪三振1失点、最後はチームメイトでもある山崎康晃投手(横浜DeNAベイスターズ)が抑えて3-1で勝利しましたね。
今永「横浜DeNAベイスターズの代表として侍ジャパンにいると思っているので、メキシコ戦のように僕が先発で投げて最後にヤスさん(山崎康晃投手)が抑えた試合は、チームに貢献することで更に強く感じますね。今回の大会で得た経験や知識をベイスターズにより良い方法で還元していかなければいけないと思っています。」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク