スポンサードリンク

サンウルブズ、試練のアウェイ6連戦の第3戦は首位ブランビーズに敗戦。スーパーラグビー第6節(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

サンウルブズ、試練のアウェイ6連戦の第3戦は首位ブランビーズに敗戦。スーパーラグビー第6節
[元記事]
第6節を迎えたスーパーラグビー。ヒトコム サンウルブズは、3月6日(金)にシドニーから南に82キロ離れたウーロンゴンのWINスタジアムでオーストラリアカンファレンス首位のブランビーズと対戦した。
当初、この試合は東大阪市花園ラグビー場で開催される初のスーパーラグビーの試合のはずだったが、新型コロナウィルスの影響で、ワラターズvs.チーフズの前に行われることになった。
「サンウルブズと契約を結んだ時には、一番初めに花園での試合をカレンダーに書き込んだほど」と近鉄ライナーズにも所属するLO(ロック)マイケル・ストーバーグが楽しみにしていたが、開催地が変更された。
ホーム扱いとはいえオーストラリアで、しかもショートウィークでの試合となってしまったが、3連敗中のサンウルブズは、なんとか連敗を止めたいところだった。

そのため、サンウルブズの大久保直弥HC(ヘッドコーチ)はLOの谷田部洸太郎とストーバーク、共同キャプテンのひとりNO8(ナンバーエイト)のジェイク・シャッツ、SH(スクラムハーフ)のルディー・ペイジ以外の先発メンバー11人を入れ替えた。
前節でWTB(ウイング)だったシオサイア・フィフィタは、CTB(センター)に入り、ケガから復帰したベン・テオとコンビを組んだ。
SO(スタンドオフ)には前節メンバー外だったガース・エイプリルが先発に復帰し、FB(フルバック)は元トヨタ自動車の竹田宜純が先発した。

しかし前半、試合の主導権を握ったのはアウェーながら地元オーストラリアのブランビーズだった。
前半10分、キックカウンターからWTBトニ・プルがゲインし、最後は、この試合が初先発のSHライアン・ロナーガンが中央にトライ、自身でゴールを決めて7点を先制する。
さらに19分、敵陣20mほどからのラインアウトを起点に攻撃、最後はFL(フランカー)ウィル・ミラーが押さえて14-0とリードを広げた。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク