スポンサードリンク

NTT Com、IoTプラットフォーム「Things Cloud」の専有型プランを提供開始(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

名鉄、新駅設置について東海市と基本協定締結
[元記事]
 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は17日、IoTプラットフォーム「Things Cloud」の追加プランとして、専有型の「Things Cloud Private」を提供開始した。
 Things Cloudは、IoTの活用に必要となる、デバイス接続からデータ収集、可視化、分析、管理などの機能をパッケージ化したプラットフォーム。
 NTT Comでは、Things Cloudをマルチテナント型で提供してきたが、製造業などの多くの業界において、デバイスとIoTプラットフォーム間のセキュアな接続や、IoTプラットフォームリソースの自社での専有といったニーズが顕在化していると説明。こうした要望に対応するため、専有型プランのThings Cloud Privateを追加した。
 Things Cloud Privateは、閉域網接続によるセキュアなデータ流通が可能。NTT Comのインターコネクトサービスを経由して閉域網内で接続するため、機密性の高いデータをセキュアに送信できる。
 また、利用要件に応じた専有基盤の提供によるサーバーリソースの確保が可能。顧客ごとにサーバーリソースを確保、変更できるため、繁忙期への対応などに合わせて柔軟な対応が可能になる。
 カスタマイズにも対応し、特定ポートやIPアドレスの接続制限、ユーザーインターフェイス画面の変更など、要件に応じたカスタマイズが可能。デバイスとIoTプラットフォーム間で利用される軽量な通信を実現するMQTTSと、Active Directoryと接続してシングルサインオンを実現するOAuth 2.0に対応し、個別アプリケーションやセキュリティ要件に応じた複雑なカスタマイズにも対応する。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク