スポンサードリンク

iPhoneの横持ちでケーブルが邪魔にならないアダプタ、Lightningイヤホン対応モデル(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

iPhoneの横持ちでケーブルが邪魔にならないアダプタ、Lightningイヤホン対応モデル
[元記事]
 iPhoneを“横持ち”する時にケーブルが邪魔にならない変換アダプタ「LXS08(SZ-IPDRING-BK)」があきばお~弐號店で販売中だ。店頭価格は税抜き1,500円【この記事に関する別の画像を見る】 このほか、同店にはUSB Type-C + Bluetooth接続の「LXS011(SZ-TCDRING-BK)」も入荷している。こちらの店頭価格は税抜き1,500円。
■充電しながらイヤホンが使えるLightningアダプタ、スタンド機能もあり
 LXS08は、充電ケーブル接続用とイヤホン接続用のLightning端子を備えた変換アダプタ。iPhoneで充電をしながらLightning接続のイヤホンを使う事が出来る便利アイテムだ。
 iPhoneに接続する側のLightningコネクタにはL字型のケーブルが採用されており、アダプタ本体をiPhoneの裏面に引き回すことができるようになっている。アダプタは粘着シートで固定可能。
 いわゆる二股タイプの分岐ケーブルなどとは違い、接続した際のLightningコネクタ側のパーツの出っ張りが少なく、iPhoneを横向きに持った時に邪魔にならないのがメリット。イヤホンをして横画面のゲームをプレイしつつ充電したい、といった場面で便利だ。
 また、アダプタに付いているリングを起こして、リングホルダーやスタンドとして使うことも可能だ。
 サイズは95×7.5×30mmで、同店によるとマイクつきイヤホンによる通話応答にも対応しているという。なお、製品パッケージにMFi認証を示すマークは無いため、今後のOSアップデートで使用できなくなる可能性がある点には注意が必要だ。
■USB Type-C接続の「LXS011」も入荷、スマホとBluetoothで接続
 このほか、同店には充電ケーブル接続用のUSB Type-C端子と3.5mmイヤホンジャックを備えた変換アダプタ「LXS011」も入荷している。
 LXS011は、USB Type-C接続のスマートフォンに対応したモデルで、基本的な使い方は前述のLXS08と同じだが、利用する場合はスマートフォンと本製品をBluetoothで接続する必要があるという。
[撮影協力:あきばお~弐號店]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク