スポンサードリンク

JR品川駅に高輪GW駅ジオラマ。マクドナルドから回収した再生プラ活用(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

JR品川駅に高輪GW駅ジオラマ。マクドナルドから回収した再生プラ活用
[元記事]
JR東日本スタートアップは、「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択したベンチャー企業とともに、SDGs推進をテーマとした「STARTUP_STATION in 品川駅」を2月17日から23日まで品川駅で開催。再生プラスチックから作られたブロックを使った高輪ゲートウェイのジオラマ展示や、再生ポリエステルを使った「SDGs Tシャツ」の販売などを行なう。【この記事に関する別の画像を見る】ジオラマは、日本環境設計が日本マクドナルドと実施しているリサイクル企画「マックでおもちゃリサイクル」により、全国のマクドナルドから回収したハッピーセットのおもちゃを再生プラスチック化した「サステナブルnanoblock」を使用。nanoblockはカワダが開発した日本生まれの超ミニサイズブロックの名称。
このブロックを使い、ジオラマ中央にある高輪ゲートウェイ駅を作成した。駅の周りの建造物は自由な発想で作られた架空のもの。また、サステナブルnanoblockを使った同駅のミニサイズ模型を、夏頃から販売開始する予定。
SDGs Tシャツは、日本環境設計の次世代ケミカルリサイクル技術により、不要になった服を繊維として再生して作ったTシャツに、ヘラルボニーの扱う障害者によるアートやイラストを、購入者がその場でデザインして購入できる。知的障害のある人へ収益を還元し、持続的なビジネスモデルを構築するという。
デザインは、タッチパネルによりイラストの移動や回転・拡大縮小などが可能。価格は2,500円だが、リサイクル用の衣服を持ち込むと500円引きとなる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク