スポンサードリンク

岡田健史、初の刑事役に!『ドクター・デスの遺産』で「新たな自分の一面を発見」(Movie Walker)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

岡田健史、初の刑事役に!『ドクター・デスの遺産』で「新たな自分の一面を発見」
[元記事]
「さよならドビュッシー」(10)で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した中山七里のクライムサスペンス小説を綾野剛、北川景子で実写映画化した『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(2020年11月公開)に、岡田健史が初の刑事役で出演することがわかった。【写真を見る】岡田健史、20歳の誕生日に4000人集結の“初ファンミ”実現!「中学聖日記」黒岩くんは「人生の分岐点」終末期の患者ばかりを襲う連続不審死事件の捜査に乗り出す刑事の犬養と高千穂は、依頼を受けて患者を安楽死させるドクター・デスと呼ばれる医者の存在に辿り着く。そんななか、重度の腎臓病に苦しむ犬養の一人娘がドクター・デスに安楽死の依頼をしてしまう…。
犬養役の綾野剛、高千穂役の北川景子が刑事役でバディを組むことでも話題を呼んでいる本作だが、今回新たにテレビドラマ「中学聖日記」(18)で話題を呼んだ岡田健史の出演が決定。二人と一緒に捜査を進める若手刑事の沢田役を演じる。実直な性格で真面目に捜査に当たり、犬養と共に謎の連続殺人犯ドクター・デスを追い詰めていくという役どころだ。
岡田は本作の出演について「今回初めて刑事役を演じるにあたってプレッシャーはあったものの、皆さまに助けて頂きなんとかクランクアップを迎えることができました。綾野さん、北川さんとのシーンでは、僕は安心してお二人に身を委ねながら沢田のキャラを作りあげました」と先輩らへの絶大なる信頼を見せる。また「お芝居を通じてたくさん学ばせて頂き、新たな自分の一面を発見できました」と撮影を振り返りコメント。
いっぽう岡田を抜擢した本作の深川栄洋監督は「久しぶりにスターを見た気がしました」と岡田の役者としての可能性に太鼓判を押しており、綾野と北川と共にどんな刑事役を魅せてくれるのか注目が集まる。
<キャスト・スタッフ コメント>
●岡田健史(沢田圭役)
「今回沢田圭を演じさせて頂きます、岡田健史です。今回初めて刑事役を演じるにあたってプレッシャーはあったものの、皆様に助けて頂き何とかクランクアップを迎えることができました。綾野さん、北川さんとのシーンでは、僕は安心してお二人に身を委ねながら沢田のキャラを作りあげました。お芝居を通じてたくさん学ばせて頂き、新たな自分の一面を発見できました。初めての刑事役、是非、御覧ください!」
●深川栄洋監督
「彼は少し懐かしい、清涼感のある青年。素質があると感じる若い俳優は、なかなか出会うことが出来ないのですが、久しぶりに蛹のなかにいるスターを見た気がしました」
●プロデューサー
「“安楽死”という題材を描き、息もつけない展開が続くこの作品の中で、岡田さんには観客のみなさんにホッと一息ついて頂けるような、そんな存在になって頂きたいと思っていました。刑事役に初挑戦ということでしたが、岡田さん演じる沢田は、綾野さん演じる犬養と北川さん演じる高千穂にひたむきに食らいつき、新米刑事らしいエネルギッシュな演技を魅せてくれました。早朝深夜と撮影が続いた現場でも、持ち前の愛嬌と快活さでスタッフを支えてくれました。岡田さんの人柄がそのまま出ているといっても過言ではない沢田の瑞々しい演技に是非ご注目ください」(Movie Walker・文/富塚 沙羅)

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク