スポンサードリンク

楽天キャリア「2GBが1年無料」の魅力(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

楽天キャリア「2GBが1年無料」の魅力
[元記事]
ついに楽天キャリアがスタート。300万人を対象に1年無料で使えるキャンペーンを実施するのは魅力的だ。【もっと写真を見る】

 楽天モバイルの自社回線サービスが、いよいよ4月8日から始まることになりました。最大の注目は「楽天エリア内は無制限」かつ「1年間無料」となった料金プランです。
 
 一方で、楽天のエリア外では「2GB」までの制限が設けられています。果たして本当に乗り換えても大丈夫なのでしょうか。
 
■「国内ローミング問題」対策としての2GB制限
 楽天は東京23区、名古屋市、大阪市を中心に基地局の整備を進めており、2020年2月には3490を突破。筆者も半年近く「無料サポータープログラム」を利用していますが、都心の地上部分では安定してつながる印象です。
 
 一方、大型のビルや地下、地方の大部分はKDDIとのローミング契約でカバーされています。楽天はKDDIに支払うローミング料金は1GBあたり500円程度と、決して安くはありません。楽天がこのローミング問題をどう解決するか、関心が高まっていました。
 
 そこで登場したのが「2GB制限」です。楽天のエリア内ではデータ使い放題とする一方、auローミング時の高速通信は月間2GBまで。追加のデータチャージは1GBあたり500円と、ユーザーに負担を求める形になりました。
 
 楽天の事情として、商用サービスの開始をこれ以上遅らせるわけにはいきません。ただ、全国展開にあたってはauローミングのコスト負担が重くのしかかります。その中で、ぎりぎりの選択を迫られた感があります。
 
 また、これまで楽天モバイルが提供してきたMVNOサービスは、4月7日に新規受付が終了します。既存のMVNOユーザー向けには当面サービスを継続するとしているものの、こちらも後戻りできない状況になりました。
 
■「2GBで1年間無料」プランの衝撃
 この「2GB制限」は、ポジティブに考えれば「au回線を毎月2GBは使える」ことになります。そこで注目したいのが、300万人限定で「1年間無料」になる点です。
 
 2年目以降は月額2980円となっています。もし300万人が1年間無料で利用すれば、単純計算で約1073億円、auローミングの2GB分は約360億円に相当することから、1年間では1400億円以上の大規模還元キャンペーンになるわけです。
 
 毎月のデータ利用が少ない人には、特に魅力的に映るのではないでしょうか。毎月2000円を支払っているMVNOの利用者なら、1年で2万4000円を節約できることになり、データが足りなくなっても500円で1GBを追加できます。
 
 通常の音声通話は30秒20円と安くないものの、「楽天Link」アプリによるIP電話は無制限となっています。国内では「3G」の停波に伴い、多くのガラケー利用者がスマホへの移行を迫られている中で、音声を中心に利用したい人にも魅力といえます。
 
 気になる2年目以降について、楽天は2021年3月までに全都道府県に基地局を展開する計画です。ただ、日本全国で楽天の基地局につながるようになるには何年もかかるはず。「自社エリア使い放題」に期待できるのは、しばらくは東名阪が中心になりそうです。
 
■T-Mobileのようにキャリア市場を破壊できるか
 楽天は自社回線サービスに「マゼンタ」色を採用し、ブランド訴求は米国のキャリア市場で大暴れすることで躍進したT-Mobileによく似ています。プラン名の「Rakuten UN-LIMIT」も、T-Mobileが掲げた「UN-CARRIER」を下敷きにしたものでしょう。
 
 発表会の中で三木谷氏は、「他のキャリアはなんとなく基地局を建てているが、楽天はAIを活用している」などと挑発的に語り、他キャリアはさっそく反論する流れになるなど、話題を振りまいています。
 
 既存キャリアとの比較では、ソフトバンクの5Gサービスにもない「無制限」を打ち出し、auの「データMAXプラン」に対しても格安の料金を出すなど、ユニークなポジションに立ったことはたしかです。
 
 まずは300万人が1年間無料になったことで、多くの人が楽天のサービスをじっくり評価する準備はできました。その間に、日本全国のどれだけ広い範囲に自社の基地局を設置できるかが勝負になりそうです。
 
文● 山口健太 編集● ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク