スポンサードリンク

ダルビッシュ有、早期復帰で再び開幕投手候補に名乗りを上げる(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ダルビッシュ有、早期復帰で再び開幕投手候補に名乗りを上げる
[元記事]
カブスのダルビッシュ有が体調不良で現地木曜に予定されていたオープン戦の登板を回避したのは既報の通りだが、幸いにも症状は軽く、現地金曜にはキャンプに復帰し、実戦形式の投球練習をこなした模様である。
『MLB.com』でカブスを担当するジョーダン・バスティアン記者は同日付でダルビッシュに関する記事を投稿し、右腕の最新情報と開幕戦へ向けての先発投手の見通しについて伝えた。以下、くだんの記事の抜粋である。

「ユウ・ダルビッシュが医者を待っている間にツイートしたことで走った、ささやかな恐怖から1日が経ち、それは誤認警報以外の何ものでもなかったことが判明した。

ダルビッシュは単に自身が何かに感染しているのであれば、クラブハウスに立ち入らないようしたいだけだったのである」。

「彼は良いことをしたね」と、カブスの先発投手ジョン・レスターはクスクス笑いながら述べた。

ダルビッシュは金曜の午前中にカブスのキャンプに復帰し、若干の咳は残っていたものの、それ以外は何の問題もなく、スローンパークで実戦形式の投球練習をするほど気分も上々だった。

その2時間後、今度は開幕戦のスタメンに近いラインナップを揃えたカブスが、3-6でホワイトソックスに敗れたカクタスリーグの試合でレスターがマウンドに上がった。

ダルビッシュとレスターの両者が金曜にそれぞれのメニューをこなしたことで、カブスのデビッド・ロス監督は、引き続き3月26日のミルウォーキーでの開幕戦で何れの投手も指名できることとなった。

右腕のカイル・ヘンドリックスも候補の1人である。ロス監督は、金曜に開幕投手候補の2人がマウンドに上がったのかと聞かれ、笑みを浮かべた。

「2人の投手が投げたね」とロス監督は、真意を明らかにしないよう気をつけながら返答した。

ダルビッシュは、連続したツイートのなかで、翻訳により意味が変わってしまったことが1つだけあったと語った。

彼は病院へは行っていないことを明確にし、そうではなく医師のオフィスへ行ったことを明らかにした。ダルビッシュは、“病院”という言葉は、母国の日本において、ほとんどの医療訪問に対して使われることを説明した。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク