スポンサードリンク

スーパーラグビー2020第6節レビュー NZではチーフスが、南アフリカではシャークスが首位に浮上(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

スーパーラグビー2020第6節レビュー NZではチーフスが、南アフリカではシャークスが首位に浮上
[元記事]
新型コロナウイルスの影響は世界のラグビー界にも及んでいるが、スーパーラグビー2020は現在も熱い戦いが繰り広げている。3月6日~8日は、ニュージーランド(NZ)、オーストラリア(AUS)、南アフリカ(SA)の各会場で第6節の7試合が行われた。NZカンファレンスでは、王者クルセイダーズを抜いてチーフスが首位に立ち、SAカンファレンスも好調シャークスがストーマーズを抜いてトップに躍り出た。し烈な順位争いを振り返っておこう。

日本のサンウルブズは3月6日、AUSカンファレンス1位のブランビーズと対戦し、14-47で敗れた。BKの要であるCTBベン・テオが怪我から復帰し、シオサイア・フィフィタを本来のCTBで起用。WTBにJJ・エンゲルブレヒトを先発させる新しい布陣で臨み、組織ディフェンスが大きく改善。前半35分には、元U20オーストラリア代表のHOエフィ・マアフがモールからトライをあげるなど前半は拮抗した試合を繰り広げた。しかし、前半終了間際にミスからトライを許すと、後半は徐々に突き放された。連係ミスなどで攻撃が継続できずにボールを失うことが多く、一刻も早く修正したい。FB竹田宜純はスーパーラグビーデビューを飾った。
サンウルズは1勝4敗となり、AUSカンファレンス最下位。勝ったブランビーズは4勝1敗、勝ち点18とし、同カンファレンス内で独走態勢だ。これを追うレベルズは、3月7日、地元メルボルンでライオンズ(SA)と対戦。前半にWTBマリカ・コロインベテがハイタックルでシンビン(10分間の一時退場)になるなど苦しい展開だったが、前半29分、WTBアンドリュー・ケラウェイが抜け出してFLリチャード・ハードウィックがトライして以降は着々と得点し、ディフェンスで激しく前に出てライオンズを2トライに抑えた。これで3勝目。勝ち点13でAUSカンファレンス2位につけている。

王者クルセイダーズは、6日、地元クライストチャーチでレッズ(AUS)を迎え撃ち、PRジョー・ムーディーのトライで先制したものの、その後はスコアが伸びず、レッズの逆襲に合って、24-20という辛勝だった。しかし、勝負どころのつなぎは見事。後半11分、CTBジャック・グッドヒューの好走からのWTBジョージ・ブリッジのトライは必見。チーフス(NZ)はワラターズ(AUS)をSOアーロン・クルーデンの巧みなゲームリードもあって51-14と圧倒。4勝1敗、勝ち点18でクルセイダーズと並んだが、得失点差で逆転して首位に立った。
NZカンファレンス今節最大の注目カードとなったハリケーンズ対ブルーズは、7日、ウェリントンのスカイスタジアムで行われ、互いにスピーディーに攻め合う好勝負になり、24-15でブルーズが競り勝った。ハリケーンズにとって痛かったのは、8-7の1点リードで迎えた後半6分、ティレル・ロマックスがショルダーチャージでレッドカード(退場処分)を受けたことだ。ダブルタックルの中で起こったことだが、肩が頭部にヒットしていた。しかし、ハリケーンズはここから一人一人がエネルギッシュにプレーし、後半22分、WTBコーバス・ファンヴァイクのトライで15-14と逆転。地元の観客を大いに沸かせた。ところが直後、FLヴァエア・フィフィタが手を使わず体当たりするノーアームタックルでシンビン(10分間の一時退場)になってしまう。この反則によるPGをブルーズSOオテレ・ブラックに決められ、15-17と逆転を許した。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク