スポンサードリンク

メルカリ、家に眠る資産わかる「持ち物リスト」機能を開始(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

メルカリ、家に眠る資産わかる「持ち物リスト」機能を開始
[元記事]
メルカリが家に眠っているモノの推定販売価格をリスト化し、出品がより簡単になる「持ち物リスト」機能を開始した。

 メルカリは3月9日、家に眠っているモノの推定販売価格をリスト化し、出品がより簡単になる「持ち物リスト」機能を開始した。iOSアプリより先行導入し、Androidは順次対応予定としている。
 
 経済産業省が2019年5月に発表した調査によると、過去1年間に不用となった製品の価値はおよそ7.6兆円と推定されている。また、みんなのかくれ資産調査委員会によると、家庭内に眠る不要品の推定価値である「かくれ資産」は1世帯あたりおよそ70万円にのぼる。
 
 このように、多くの不要品が家庭に眠る現状がある一方で、メルカリのアンケート調査によって「出品に興味はあるけれど、何が売れるかわからない」「出品したいけれど、使い方がわからない」といった悩みを抱えるユーザーがいることがわかったという。
 
 今回同社が開始する持ち物リスト機能では、過去にメルカリで購入した商品や、写真を撮るだけで相場と売れやすさがわかる「売れるかチェック」をした持ち物がリスト化され、個別にメルカリ上での推定販売価格が表示される。
 
 また、売れやすい価格の合計も表示されることで、各家庭に眠るかくれ資産が可視化される。なお、今春より提携予定のECサイトでメルペイを利用し購入した商品もデータ連携され、持ち物リストへの追加と、出品時における商品情報の自動入力が可能になる。
 
 本機能は、メルカリのマイページにある「持ち物一覧」をタップすると利用できる。
 
文● ASCII

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク