スポンサードリンク

軽量17型ノートでも快適なモバイルは可能か? Ice Lake搭載「LG gram 17」を徹底検証(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

軽量17型ノートでも快適なモバイルは可能か? Ice Lake搭載「LG gram 17」を徹底検証
[元記事]
 LGの「gram」シリーズは、14/15.6/17型の3ラインナップで展開されている軽量モバイルノートだ。今回は17型の「LG gram 17(型番 : 17Z90N-VA76J1)」を検証する。【この記事に関する別の画像を見る】 17型は2019年モデルからラインナップに追加され、基本的にはその仕様を引き継ぎつつ、CPUがIce Lake世代へとアップグレードされている。実売価格は下位モデルが20万円強くらいで、Microsoft Officeつきだと24万円程度で売られている。レビュー機についてはOfficeつきで25万円ほどだ。
■17型としてはかなり軽量
 17Z90N-VA76J1(以下、LG gram 17)は、ダークシルバー(同シリーズにはホワイトモデルもある)の外装でくさび形側面を採用し、17型というサイズ感を除けばモバイルノートの王道スタイルと言ってよいだろう。
 最初に見たときは17型という大きさが印象に残った。とくに本製品はモバイル向けでスリムな分、平置きしたときのフットプリントがよけいに大きく感じるようだ。しかし調べてみるとそうでもない。LG gram 17のサイズは380.6×262.6×17.4mm(幅×奥行き×高さ)。実際のところ、幅に関しては数年前のまだベゼルが太かった15.6型とほぼ同じだ。また、17.4mmという厚みはモバイルとして見ればそれほど薄くはないものの、17型という点からすれば十分にスリムだ。
 14/15.6型モデルと同様に、筐体の材質にはマグネシウム合金を採用し、米国国防総省制定の耐久試験を7項目クリアするといった堅牢性もアピールしている。金属筐体ということで見た目だけでなく質感も十分だ。
 重量は約1.35kgとされている。モデルによって構成が異なるので多少の差はあるがだろう、評価機は実測1.326kgで、公称値よりも若干軽かった。
 1.35kgという重量だが、モバイルノートは全般的に1~1.2kg前後なのでわずかに重い。ただし、15.6型クラスモバイルと同じ程度と考えることもできる。いずれにせよモバイルの範囲に収まっていると思ってよい。それに手に持った感覚ではかなり軽量に感じられる。もちろんバッグにおさめるときなどは体積の大きさを実感するが、それでも見た目以上の軽さのおかげなのか、案外気軽に持ち運べる印象だ。
 17型ディスプレイの解像度は2,560×1,600ドット(WQXGA)で、アスペクト比が16:10になる。そもそも17型で画面サイズが大きいことに加え、WQXGAの高解像度で情報一覧性がよい。とくに縦解像度が広いことは、映像作品視聴時に黒帯ができることを除けば、多くのメリットをもたらす。また、標準のスケーリングは150%だったが、パネルサイズを考慮すれば125%、なんなら100%表示でも十分にテキストを認識できる。
 試しに表計算ソフトの帳票やグラフを表示させてみたが、膨大なデータ、たくさんのグラフをスクロール操作なしに一画面に表示させることができるので、比較・検討が非常に楽に感じた。それに、テキスト編集ではより多くの行を表示できるので、前後の文章のつながりを把握しながら執筆できる。
 もちろん写真編集などでも、13.3型フルHDのようなノートPCのスタンダードなスペックと比べて、大画面で高精細な本機はより快適に細部まで確認できる。ディスプレイパネルの駆動方式もIPSなので視野角が広く、sRGBの色再現性も96%と高い。こうした点では、写真や動画など、ハイアマチュアクラスのクリエイティブニーズも十分にカバーできるように思う。
 ベゼルはトレンドの狭額縁デザイン。左右ベゼルは6mmほど、上部ベゼルは9mmほどで、ここが本体幅を一昔前の15.6型並みまで小型化できた要因と言える。
■17型モバイルとカフェテーブルとの相性は?
 “17型でモバイル”と聞くとどのようなイメージを持つだろうか。モバイルノートの一般的なイメージは14型以下だろう。17型モバイルはどのようなサイズ感なのか掴みにくいかもしれない。そこで、本製品を持っていくつかカフェを巡ってみた。
 駅前のように人が集まる場所にあるカフェのテーブルは小さめなことが多い。そうした店舗ではそもそも13.3型(幅30cm強)でもPCの横にコーヒーを置くギリギリのスペースかあるかないかだ。17型(幅38cm)の本製品ならなおさらだ。コーヒーを液晶天板の裏に置くようなことになり、もちろんマウスを置くスペースがないのでタッチパッドだけで操作することになるだろう。
 一方、郊外のロードサイド店などではゆったりと大きめのテーブルを置いてくれるところも多い。そうしたテーブルなら横にコーヒーを置いたり、あるいはマウスを置いたりしても大丈夫なスペースが得られる。カフェ以外ならばファミリーレストランなどのテーブルも大丈夫と言えるだろう。
 なお、普段14型対応バッグでノートPCを持ち運んでいるが、当然17型は入らなかった。17型を持ち運ぶときはバッグ選びも必要かもしれない。フットプリント的にほぼ15.6型の本製品なら、いくつかの15.6型対応バッグには入るかもしれないので、試す価値はある。
 ただ、奥行きは一昔前の15.6型よりも大きいので、幅が大丈夫でも奥行きが無理ということもありそうだ。基本的には17型対応のバッグ、20Lあたりのバッグが無難な印象だ。
 筆者は以前15.6型ノートを持ち歩いていたこともあるので、その大きさと重さは覚えている。2kg前後のひと昔前の15.6型ノートに比べれば格段に軽い。正直、少し古めの13.3型モバイルもこれに近い重さだし、バッテリ駆動時間の不安でACアダプタを持ち運べば1kg台半ばくらいにはなる。その点でここは問題ないと感じた。
 とは言え、小さなテーブルでは本来快適なはずの本製品を窮屈に感じることになる。自宅や会社の近隣で、大きなテーブルを置いてあるお店を覚えておくのがよいだろう。その意味で、13.3型モバイルほど広範囲にモバイルするよりは、拠点を中心に少し行動範囲を絞ったモバイルになるかもしれない。
 なお、大きさと重さがクリアできれば、自宅と会社を行き来するモバイルとしては相当快適だ。とくに自宅に戻って作業をするさい、17型なら十分にリラックスして操作できる。モバイルPCをメインにお使いの方のなかには、自宅使用時に外部ディスプレイにつなぐこともあるかと思われるが、LG gram 17はそこまでしなくても快適というのがメリットと言える。
■十分なインターフェイスを備えるがACアダプタ&USB PDの両実装は謎
 再び使い勝手に戻りたい。まずインターフェイスは、左側面にACアダプタ用ジャック、USB 3.0 Type-A、HDMI、USB Type-C(Thunderbolt 3)を、右側面にUSB 3.0 Type-A×2、ヘッドフォン出力、microSDカードスロットを備える。
 ユニークなのはACアダプタ用ジャックを用意しておきながら、USB PD充電にも対応しているところだ。付属のACアダプタは19V/2.53Aで約48W出力のもの。手持ちのUSB PD充電器を試したところ、30Wのものでは電力供給不足(電源を落とした状態などでは充電可。稼働中はせいぜいバッテリ消費が遅くなる程度)の警告が表示されたが、45W以上のものなら警告はなく充電できた。
 ACアダプタは丸プラグ端子のものを利用している。ACアダプタとUSB PD両対応なので、充電中でもUSB Type-C端子が利用できる。もちろんUSB Type-Cを2ポート用意してくれれば、そもそもACアダプタは必要ないのだが……。出張のような荷物を減らしたいときはスマートフォンも充電できるUSB PD充電器だけを持って行き荷物を減らしたい。
 キーボードはテンキーつきで日本語104キー仕様。バックライトも搭載している。テンキーつきは15.6型も同様で、17型はさらに幅の余裕があるため当然と思われる。そして2019年モデルではEnterとテンキーが近接していたが、2020年モデルは少しここのスペースを広げている。Enterキーの打ち間違いは抑えられるだろう。
 ただ、本体のコンパクト化もあり、下から3、4、5段、Enterキー付近のいくつかのキーは幅がせまくなっている。とはいえその部分のキーの使用頻度は低く、それ以外では上下左右キーの縦が細いくらい。一般的な配列を採用しており、クセが少なく馴染むにも苦労しない。なお、テンキー部分の右上が電源ボタンになるが、ここは指紋センサーを兼ねている。
 タッチパッドはまずまず大きい。ただ、周囲には十分なスペースもあって、大きすぎずちょうどよいサイズに抑えた印象だ。
■Ice Lakeを採用しているがメモリはLPDDR4XではなくDDR4
 内部スペックを見ていこう。
 まずCPUはCore i7-1065G7。Ice Lake世代の4コア8スレッド対応CPUで、ベースクロックは1.3GHz、ターボ時は3.9GHz。第10世代にはComet Lakeもあるが、そちらは最大6コア。それと比較するとIce Lakeは4コアどまりで劣る。ターボ時のクロックも4GHzに達していない。しかしIce LakeではIPCが向上しており、より高性能の統合GPU「Intel Iris Plus Graphics」を利用できる。
 メモリはDDR4-3200で16GB。8GB×2枚構成。容量は十分だが、Core i7-1065G7はより高速なLPDDR4-3733にも対応しているので、DDR4-3200という選択はめずらしいかもしれない。LPDDR4Xが高価なためか、調達の問題か。理由は推測するしかない。また、CPU-Zなどのツール上から見ると空欄で確認できなかったが、デュアルチャネルモードで動作していると思われる。
 GPUのIris Plus Graphicsにもいくつかバリエーションがあるが、Core i7-1065G7が搭載しているのはEU(実行ユニット)が64基のもの。同じIce LakeでもたとえばCore i5-1035G4のように末尾が「G4」のものはEUが48基となる。
 64基のEUを搭載することで本来性能を期待できるが、統合GPUのグラフィックスメモリはメインメモリをシェアする。その点でDLPDDR4X-3733ではなくDDR4-3200を選んだ選択がどう影響するのかに注目だ。
 ストレージはNVMe SSDで1TB。実際にはシステム側が512GB、データ側が512GBと、2ドライブ構成になっている。接続はどちらもPCI Express 3.0 x4。評価機は2枚ともSamsung MZVLB512HAJQだった。シーケンシャルリードは3.4GB/sと高速で、同ライトは2GB/s弱というリード特化タイプだ。
■十分な性能だがLPDDR4XのIce Lakeと比べると伸び悩む
 それではベンチマークテストの結果を見ていこう。電源設定はパフォーマンス優先とし、バッテリテストのみバッテリ優先でテストしている。
 今回使用したベンチマークソフトは、ULの「PCMark 10 v2.1.2165」、同「3DMark v2.11.6866」、MAXONの「CINEBENCH R20」、ペガシスの「TMPGEnc V

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク