スポンサードリンク

接続されたシリアルデバイスのポート番号をデスクトップ通知してくれる「PortPop」(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

接続されたシリアルデバイスのポート番号をデスクトップ通知してくれる「PortPop」
[元記事]
 「PortPop」は、シリアルポートへのデバイス接続・切断をデスクトップへ通知してくれるタスクトレイ常駐型アプリ。Windows XP以降に対応するフリーソフトで、動作には.NET Framework 3.5以降が必要。編集部にてWindows 10で動作を確認した。オープンソースで開発されており、“GitHub”のプロジェクトサイトからダウンロードできる。【この記事に関する別の画像を見る】 新しいシリアルポートにデバイスが割り当てられるたびに、「デバイス マネージャー」を開いてポート番号を調べるのが面倒という理由で開発されたシンプルなツール。USBポートなどにデバイスを接続すると、そのポート番号をデスクトップへバルーンで通知してくれる。確かに筆者も、IoTボード“M5Stack”で遊んでいたとき、USB接続したボードのシリアルポート番号(“COM1”“COM2”など)を調べるのが面倒に感じた経験がある。そういったとき、このようなツールがあれば便利だろう。
 また、本ソフトはデバイスを抜いたときもバルーン通知をデスクトップに表示してくれる。誤ってデバイスを切断してしまった、意図せずデバイスが切断されてしまったことに気付けるため、余計なトラブルを防止するのにも役立つかもしれない。
 なお、本ソフトにはおまけとして、USBメモリなどを抜挿した際にも通知を出す機能も備えている。接続されたドライブ名が簡単に確認できて便利だが、この機能は既定で無効化されている。タスクトレイアイコンの右クリックメニューから機能を有効化する必要があるので注意したい。
ソフトウェア情報「PortPop」【著作権者】tomozh 氏【対応OS】Windows XP以降(編集部にてWindows 10で動作確認)【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】-(18/09/29)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク