スポンサードリンク

Google、「Android 11」の開発者プレビューをリリース ~正式公開は今年の第3四半期(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Google、「Android 11」の開発者プレビューをリリース ~正式公開は今年の第3四半期
[元記事]
 米Googleは2月19日(現地時間)、モバイル向けOS「Android」の次期バージョン「Android 11」を開発者プレビューとして公開した。“Pixel 2”以降の“Pixel”デバイスで試すことができる。【この記事に関する別の画像を見る】 「Android 11」では5Gを活用するためのAPIが導入されるほか、折り畳み可能なスマートフォンなど、新しいフォームファクターへの対応が行われる。また、コミュニケーション関連の機能も強化。通知領域に専用の会話セクションが設けられ、マルチタスクと会話を両立する仕組みが導入されるほか、通知への返信に画像などを挿入できるようになる。ニューラルネットワークAPI(NNAPI)は1.3にアップデートされ、機械学習のさらなる活用も期待できる。
 一方、プライバシーとセキュリティも引き続き重視されている。「Android 11」ではストレージのアクセス許可に関連するユーザー向けの変更がいくつか導入されるほか、アプリに過剰な権限を与えずに済むよう、必要に応じて一時的にスマホ機能の利用を許す“ワンタイムアクセス許可”の仕組みが追加される。STIR/SHAKENプロトコルを用いた電話番号認証(コールスクリーニング)機能は、電話によるサポートを装ってユーザーを欺こうとするフィッシングの防止に役立つだろう。
 なお、今回リリースされた開発者プレビューは、APIの変更によるアプリ互換性の検証と重大な問題の洗い出しが主な目的だ。機能の改廃が前提となっており、日常的な利用は想定されていない。そのため、OTAアップデート(インターネット経由の更新)も提供されない。実機で試したい場合は、手動でイメージをダウンロードして端末に適用する必要がある。
 「Android 11」における変更が最終的に確定するのは、6月リリース予定の“Beta 2”になる予定。コンシューマーによるテストは、このベータ版リリースを待つのが望ましい。正式リリースは、今年の第3四半期が見込まれている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク