スポンサードリンク

石井杏奈、血まみれ迫真の演技を披露…映画「砕け散るところを見せてあげる」(スポーツ報知)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

石井杏奈、血まみれ迫真の演技を披露…映画「砕け散るところを見せてあげる」
[元記事]
 俳優の中川大志(21)とE―girlsの石井杏奈(21)が、竹宮ゆゆこ氏の同名小説が原作の映画「砕け散るところを見せてあげる」(5月8日公開、SABU監督)にダブル主演することが19日、分かった。「愛」「感情」がテーマの今作。中川が「限界の先のゾーンに自分のギアを持っていき、魂を込めて演じました」と撮影を振り返れば、石井も「かなり命がけでした」と、それぞれ体当たりの演技に自負をのぞかせた。
 石井演じるのは、いじめに苦しむ学校一の嫌われ者・玻璃。中川は、それを救おうとする清澄という役どころ。日本映画界の“異才”SABU監督のメガホンのもと、石井は血まみれになる壮絶なシーンにも挑戦。「後先考えず、今だけを見て全力で必死にぶつかりました。なので、毎日大きな達成感と大きな疲れにあふれて、幸せでした」と、込み上げる感情をかみしめた。
 同学年の2人は、映画「四月は君の嘘」(16年)以来4年ぶり3度目の共演。12年のフジテレビ系ドラマ「GTO」で初共演した時はまだ中学生だったが、石井は16年にブルーリボン賞新人賞、中川も昨年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。それぞれに成長を遂げてきた中で、満を持してのダブル主演となる。石井が中川について「毎日刺激を頂いていました」と語れば、中川は「難役に果敢に挑んでいる姿が頼もしかった」と思いをぶつけ合ってつくり上げた。
 石井が所属するE―girlsは年内で解散する。その後に女優業を中心に活動していく上でも、今作は重要な意味を持つ。一方の中川にとっても「かなりの量のアドレナリンを分泌しながら、自分でも見たことのない顔が作品の中に残ったと思います」と自信を持って新境地といえる作品となったようだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク