スポンサードリンク

東京ディズニーランド・ディズニーシーが臨時休園の延長を発表 再開は4月上旬、TDL新エリアオープンは5月中旬に(ねとらぼ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

東京ディズニーランド・ディズニーシーが臨時休園の延長を発表 再開は4月上旬、TDL新エリアオープンは5月中旬に
[元記事]
 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは3月11日、現在臨時休園中の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの営業再開の延期を発表しました。再開日は4月上旬としています。【画像】再開延期を伝えるプレスリリース 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、2月28日に2月29日から3月15日にかけての休園を発表。
 今回の休園延長は、当初2月26日から2週間としていた「新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた全国的なスポーツや文化イベントの実施自粛」の延長要請の影響を受けたもので、当初3月16日からとしていた再開園を引き延ばした形です。
 また、4月15日に予定されていた東京ディズニーランドの大規模開発エリアのオープンを、5月中旬以降に延期することもあわせて発表されています。
 なお、休園期間中の購入済みチケットの取り扱いについては、3月11日18時をめどに、東京ディズニーリゾートの公式サイトで案内するとしています。
 東京ディズニーランドと東京ディズニーシでは、共に3月19日までのスペシャルイベント「ベリー・ベリー・ミニー!」と「ピクサー・プレイタイム」を実施中で、2つのイベントはこのまま休園期間中に終了予定。また、3月25日に終了予定の東京ディズニーシーのショー「ファンタズミック!」、3月31日に終了予定の東京ディズニーランドのランチショー「リロのルアウ&ファン」も、同じく休園中に終了するものと見られます。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク