スポンサードリンク

新型コロナウイルスの感染拡大でフットボールの世界も…(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

新型コロナウイルスの感染拡大でフットボールの世界も…
[元記事]
新型コロナウイルスの感染拡大により、世界のリズムが狂ってしまった。数多くのイベントが延期、もしくは中止となり、開催されたとしても無観客。大相撲春場所やプロ野球のオープン戦は、不気味なほど静かだ。

フットボールの世界もスケジュールや手順の変更を余儀なくされている。3月10日のチャンピオンズリーグ・ラウンド16第二戦、ライプツィヒ対トッテナム戦では試合前の握手が禁止となった。11日のパリ・サンジェルマン対ドルトムント戦は無観客で開催する。

また、Jリーグの再開は4月3日に設定された。新型コロナウイルスの感染が下降線を描いていないのだから当然だ。この間、各クラブのサポーターはSNSを通じ、独特の感性で楽しんでいらっしゃる。文字を駆使してスタジアムに足を運んだ気分に浸ったり、『天使にラブソングを』の画面に各クラブの実状を表現するシニカルなテロップを合わせたり、非日常に屈しない姿勢は素晴らしい。

さて、プレミアリーグも3月11日開催予定だったアーセナル対マンチェスター・シティ戦が延期された。2月27日、ヨーロッパリーグ・ラウンド32でアーセナルと対戦したオリンピアコスのオーナー、エヴァンジェロ・マリナキス氏が新型コロナウイルスに感染していたための措置である。アーセナルの選手のなかには、マリナキス氏とあいさつを交わした者もいるという。念には念を入れなくてはならない。なお、オリンピアコスは3月12日、ELラウンド16・第一戦でホームにウォルヴァーハンプトンを迎え撃つが、無観客試合がすでに決定している。

さらに多くのクラブがファンサービスを取り止め、トレーニンググラウンドの敷地内を全面立ち入り禁止とするなど、見えない敵との戦いに懸命だ。インテル・ミラノのスティーヴン・チャン会長に至っては、イタリア・ダービーを無観客ながら決行したリーグ側を「ピエロ」とまでこきおろし、選手の健康管理を訴えるほどだ。

イタリアは4月3日まで、ありとあらゆるスポーツイベントが中止になった。フランスやスペイン、ドイツでも感染者が増えているため、各国のフットボールリーグだけではなく、CLやELにも影響を及ぼすだろう。英国政府が「今週末の試合は無観客で」と各クラブに要請した、とも伝えられている。

観戦を拡大させないためには無観客、もしくは中止・延期という選択肢しかない。その一方で入場料収入が途絶え、財政が逼迫するクラブも出てくる。試合を安全に開催し、クラブが生き残るための財源を確保するプランは、どこかにあるのだろうか。一日も早く、スタジアムに歓声が戻ることを──。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク