スポンサードリンク

山口俊、日本と異なるボールへの順応を進める(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

山口俊、日本と異なるボールへの順応を進める
[元記事]
日本人選手がメジャーリーグで活躍する上で、本人の資質と共に、環境やボールの違いにいち早く順応することが、最重要事項の1つであることは言うまでもない。
まして、これが投手となると異なるボールへの適応は成功への生命線となってくるわけだが、今季からブルージェイズのユニフォームを着てメジャーに挑む山口俊は、この日米の違いに対し、確かにアジャストできているようである。

『MLB.com』は現地10日付で、ボールの握りと把握という言葉を掛けたヘッドラインの記事を掲載し、メジャーへの調整が順調に進んでいる山口について、次のように伝えている。

『野球は調整のゲームであり、シュン・ヤマグチはこの春に継続してそれを行っている。

母国の日本でプロとして14シーズンを送り、オフシーズンに2年635万ドル(6.7億円)でブルージェイズに入団した32歳の右腕は、メジャーリーグ最初のシーズンへ向け、足早に準備を進めるなか、成長曲線を一足飛びに伸ばす方法を見つけなければならなかった』。

「日本とアメリカの野球にはかなり多くの違いがあるんだ」と言うのは、2016年に日本のパシフィックリーグでプレーしたトロントのリリーバー、アンソニー・バスだ。

「先ず、何はさておき、ボールが違うんだ。(日本では)ボールはアルミ箔に包まれていて、既に粘着性があるんだよ」。

「日本のフィールドの大部分は人工芝で多くは屋内スタジアムだから、そこも違いだね。そしてプレースタイルも違う。

向こうでは四球を選ぶか、あるいはゴロを転がしたり、足の速さを活かしたりして、あらゆる手段を駆使して出塁を試みるんだ。向こうの打者の多くはかなり俊足だから、彼らは出塁しようと試みるんだ」。

トロントの先発ローテーション5人目の候補であり、キャンプ後はリリーバーに回る可能性もある山口は、彼がメジャーで使用することになるボールに精通するべく、スプリング・トレーニングでの毎日を過ごしてきた。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク