スポンサードリンク

Windows版「After Effects」「Media Encoder」に深刻度“Critical”の脆弱性(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Windows版「After Effects」「Media Encoder」に深刻度“Critical”の脆弱性
[元記事]
 米Adobe Systemsは2月19日(現地時間)、同社製品のセキュリティ情報を定例外で発表した。「Adobe After Effects」と「Adobe Media Encoder」に致命的な脆弱性が発見され、対策が施されているという。
■「Adobe After Effects」(APSB20-09)
 Windows版「Adobe After Effects」v16.1.2およびそれ以前のバージョンには境界外書き込みの脆弱性(CVE-2020-3765)が存在し、最悪の場合、外部から任意のコードを実行されてしまう恐れがある。
 脆弱性の深刻度は“Critical”。Windows/Mac版ともに「Adobe After Effects」v17.0.3へ更新することが推奨されている。セキュリティアップデートの適用優先度は“3”。
■「Adobe Media Encoder」(APSB20-10)
 「Adobe Media Encoder」で修正された脆弱性(CVE-2020-3764)も、境界外書き込みで任意コードの実行を招く恐れのあるもの。Windows版v14.0およびそれ以前のバージョンに影響し、Windows/Mac版ともにv14.0.2へのアップデートが推奨されている。
 なお、本脆弱性の深刻度も“Critical”と評価されている。セキュリティアップデートの適用優先度は“3”。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク