スポンサードリンク

元テレ朝・竹内由恵アナ 静岡在住のまま復帰へ「家庭も大事にしながら」(オリコン)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

元テレ朝・竹内由恵アナ 静岡在住のまま復帰へ「家庭も大事にしながら」
[元記事]
 昨年12月末にテレビ朝日を退社した竹内由恵アナウンサー(34)が、大手芸能プロダクション・アミューズに所属し、活動を再開することが明らかになった。ORICON NEWSは竹内アナに直撃し、テレ朝在籍時代の思い出深いエピソード、結婚を機に移り住んだ静岡での生活、そして、静岡在住のまま仕事復帰することを決めた経緯を聞いた。【撮り下ろし写真10点】心機一転、再出発する竹内由恵アナ――昨年3月に結婚、9月末に担当番組を卒業され、12月末で11年間勤務したテレビ朝日を退社されてからはどのように過ごされていたのでしょうか?
【竹内由恵】 結婚相手が静岡在住だったので、家族として一緒に住みたいなと思ったのがテレビ朝日を退社したきっかけでした。さすがに静岡から六本木には通えないな、と。11年間で音楽、スポーツ、バラエティー、報道と貴重な経験をさせていただいてアナウンサーの仕事はやりきれたという気持ちがあったので、今後どうするのかということも含めて一旦白紙の状態にしました。
 退社後は主婦として毎日家事全般をしていて、旦那さんが帰宅するまでの時間は趣味のコーヒーについて勉強したり、パッチワーク教室に通って母親と同じくらいの方たちに交じってパッチワークを縫(ぬ)いながら過ごしたり、読書をしたり、英語の勉強をしたりと、あり余る時間を有意義に過ごしていました。
――パン屋やカフェを開くのが夢だそうですね。
【竹内由恵】 カフェを開くいうのは夢の一つで、今は勉強して知識を蓄えておこうと思っています。カフェを何軒も巡っていろんなところのコーヒーを飲んだり、いろんな豆を試したり、家でも豆を挽いてドリッパーで入れて…。仕事以外のことにゆっくり丁寧に向きあえたのは、必要な時間だったなと思います。
◆『Mステ』は異世界 福山雅治からの金言 GACKT衝撃の色気
――11年間の局アナ時代を振り返ると、新人時代から担当されていた『ミュージックステーション』サブMCと、『やべっちFC』をはじめオリンピックやサッカーW杯でのスポーツキャスターとしての印象が強いのですが、特に『Mステ』はゴールデンの生放送ですし、抜てき当初は相当緊張されたのでは?
【竹内由恵】 『ミュージックステーション』は異世界でしたね。初回の生放送を終えたあと、母親から「テレビを見ているような感じでテレビに映ってたよ」と言われたほどで、緊張で何もできなかったです。
 毎回ものすごく緊張して、いろんな方にアドバイスもいただいて、福山雅治さんには「なんで緊張するかって言うと、自分をよく見せようとしているからだよ。等身大でいけばいいんだよ」と助言いただきました。タモリさんも飾らずにそのままでいらっしゃって、徐々に肩ひじ張らなくてもいいんだなと思えるようになりました。
――『Mステ』で特に印象に残っているのは?
【竹内由恵】 同世代で活躍されていたSPEEDさん、特に島袋寛子さんが私の1歳上で、とてもあこがれていました。歌詞を全部書きだしたり、自分も「SPEEDに入りたい」と思うほどものすごく好きだったので、リハーサルでSPEEDさんがスタジオに現れたときには、感動して涙が出ました。いろんな思い出が走馬灯のように駆け巡りました。あとはGACKTさんが隣に座られたとき、色気がすごくて、ものすごくいい匂いもして、こんなに色気が出る方がいるんだと衝撃を受けました。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク