スポンサードリンク

「ガットランド・エフェクト」は続く?ニュージーランドの強豪同士が激突するスーパーラグビー第7節「チーフス×ハリケーンズ」(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

「ガットランド・エフェクト」は続く?ニュージーランドの強豪同士が激突するスーパーラグビー第7節「チーフス×ハリケーンズ」
[元記事]
約1か月前、チーフスが金星を上げると、SNS上に「ガットランド・エフェクト(Gatland effect)」の文字が踊った。
2月8日のスーパーラグビー第2節、ニュージーランド(NZ)北島ハミルトンを本拠地とするチーフスは、NZ南島からやってきた3連覇王者クルセイダーズを25-15で破った。
王者撃破の快挙を受けて、英誌「ラグビーワールド」に寄稿する著名コラムニストのポール・ウィリアムス氏は、自身の4万人のTwitterフォロワーへ向けて「ガットランド効果はすぐ現れた」と投稿した。
2020年シーズン、チーフスは地元ハミルトン出身のウォーレン・ガットランドを新指揮官に迎えた。
‘07年からウェールズ代表の指揮官を12年間務め、欧州6か国対抗「シックス・ネーションズ」で4度の優勝、同国初の世界ランキング1位など数々の金字塔を打ち立て、’19年W杯では4位の好成績を収めた。
そんなNZ出身の世界的名将はW杯後、コリン・クーパーHCの後任として出身地のハミルトンに帰還。
4年契約の初年度をスタートさせ、そして開幕2戦目で4連覇を狙う王者を破ったのだった。
フランスリーグで3シーズンを過ごし、今季古巣に復帰したSOアーロン・クルーデンは、ガットランドHCについて地元記者にこう語っている。
「彼はゲームプランを遂行する能力、経験を持っています。しかし同時にプランA、B、Cの選択肢についても考えている」
クルーデンは特に、新HCのディフェンスのラインスピードに関する知識が、チームに変化をもたらしたと分析している。
名将のもとで変化を始めたチーフスは、第2節後も東京・秩父宮ラグビー場でサンウルブズに快勝するなど、ここまで4勝1敗と好調をキープ。
第6節終了時点で、NZカンファレンスの首位に立っている。

第7節で迎え撃つ相手は、同じNZ勢のハリケーンズ。チーフスのガットランドHCは「厳しい戦いになる」と語った。
「ニュージーランド・ダービーは厳しい戦いになる。ハリケーンズは先週末の敗戦で傷ついており、カムバックするために必死で向かってくるはずだ」
ガットランドHCの指摘する通り、ハリケーンズは前節ブルーズ戦(NZ)に15-24で敗れ、今季2敗目(3勝)を喫した。敗戦の大きな理由は3枚のカードだった。
後半7分にPRタイレル・ロマックスが頭部へのノーバインド・タックルで一発退場。さらに同28分、34分と立て続けにシンビン(10分間の一時退場)があり、一時は12人で戦った。
規律意識の修正も必要となる第7節の敵地戦で、ハリケーンズは2人の共同主将が先発を飾り、チームを引き締める。
今季初先発となるHOデイン・コールズ、そしてスクラムハーフのTJペレナラだ。
他の先発メンバーでは、今季売り出し中の23歳のFLデュプレッシー・キリフィ、万能型のNO8ガレス・エヴァンスらがFWを牽引。
バックスでは、ボーデン・バリットのブルーズ移籍により空いた10番をフレッチャー・スミスが務め、15番をバリット兄弟の末弟ジョーディーが背負う。
今季よりハリケーンズを指揮するジェイソン・ホランドHCは「先週のブルーズ戦は前半30分間の正確性に欠いていた。今週はその修正にフォーカスし、ハードワークしてきた」と語り、序盤戦を制したい考えを示した。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク