スポンサードリンク

知っておくともっと楽しく観られる! スーパーGT岡山公式テストの見どころ(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

知っておくともっと楽しく観られる! スーパーGT岡山公式テストの見どころ
[元記事]
3月14日~15日にかけて、岡山県の岡山国際サーキットで2020年のSUPER GT公式テストが開催される。例年ならシーズン到来を告げるビックイベントとして、多くのファンが来場し盛り上がるのだが、今年は国内外で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響を受け、無観客で実施することが決定した。
そんな岡山公式テストでは、J SPORTSが初めての試みとしてテスト走行の様子をオンデマンド配信することが決定した。当初は2日目の15日のみの予定だったが、無観客でのテスト実施になることを考慮し14日もオンデマンド配信されることになった。
本来なら現地に足を運んで、GTマシンの走行を肌で感じたいというファンも多いだろうが、今回ばかりは仕方ないといったところだろう。ただ、今回のオンデマンド配信を通してテストの様子を俯瞰的に観られるのも、いつもとは違う体験ができるのが魅力のひとつだ。
今回は岡山公式テストでの見どころに加えて、普段はなかなか知る機会がない“テストでやっていること”をまとめて紹介していこうと思う。

基本的にSUPER GTの公式テストは各日の午前と午後に約2時間の走行セッションが設けられ、2日間かけて合計4セッション行う。
まずはマシンのチェック走行やセッティングの確認などが一番最初の作業となるが、SUPER GTでは複数のタイヤメーカーが参入し、各レースで持ち込む仕様も自由に変えることができる。例年、3月の岡山公式テストでは翌月に迫った開幕戦で使うタイヤの仕様を決めるため、ほぼ全てのチームが2日間の大半を費やして“タイヤテスト”を行う。さらにGT500クラスに関してはエアロパーツなど車体の仕様に関してはまだ決め込む時間が残されているため、試作パーツを装着してのテストが実施されることもある。
もちろん、実戦を想定したデータ集も行われる。基本的にはGT500とGT300の混走状態でセッションが進んでいくが、1日目午後のセッション2終盤には10分ずつの専有走行時間が設けられる。特にGT500クラスはここで新品タイヤを装着して予選でのタイムアタックを想定したシミュレーションを行うことが多い。また2日目午後のセッション4では決勝レースを想定したロングラン走行のメニューをこなすチームが多く、順位などの位置関係もそれまでのセッションと比べて異なってくるのが特徴だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク