スポンサードリンク

「感染拡大が続く間厳しい状況を覚悟」日本銀行名古屋支店長が会見(CBCテレビ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

グーグル、非正規雇用者のための「COVID-19基金」を設立
[元記事]
 世界的な株安を受け、日本の株式市場もバブル崩壊以来の株安となっていますが、投資家のみならず市民の間にも不安が広がっています。
 13日の東京株式市場は、新型コロナウイルスへの危機感から売り注文が殺到し、日経平均株価は、投資家が警戒感を感じる節目の1万7000円を3年4か月ぶりに割り込みました。
 また値下げ幅も一時1800円を超え、バブル経済末期以来30年ぶりの大きさに。
   「先月買ったばかり。また戻るのを(待ちます)」
   「もうめちゃくちゃ。見たくもない」(投資家)
 一方、日銀名古屋支店の清水支店長は、13日会見を開き、新型コロナウイルスによる世界的な経済悪化の見通しについて話しました。
 「先行きについては、感染拡大が続く間、厳しい状況が続くことを覚悟。感染拡大が収束すれば、東海経済は再び力強さを取り戻す」(日本銀行名古屋支店・清水季子支店長)

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク