スポンサードリンク

実測1.6Gbps! 超高速Wi-Fi 6の世界へようこそ 4万円で世界が変わる「Aterm WX6000HP」(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

実測1.6Gbps! 超高速Wi-Fi 6の世界へようこそ 4万円で世界が変わる「Aterm WX6000HP」
[元記事]
 NECプラットフォームズからWi-Fi 6に対応したWi-Fiルーター「Aterm WX6000HP」が発売された。「安定通信」が特徴のNECプラットフォームズらしい質実剛健なモデルだが、その実力は高く、インターネット接続、もしくはLAN内のNASなどへの接続で、実測最大1.6Gbpsと軽く有線の壁を越えてくる。アンテナ内蔵なのに長距離でも安定して速く、見た目によらぬ「豪腕」という印象だ。【この記事に関する別の画像を見る】■分かってる人が積極的に選ぶアンテナ内蔵モデル
 「Wi-Fi 6にしたいけど、あのゴツいアンテナはどうも……」。
 もし、そう考えているなら、この「Aterm WX6000HP」はお勧めの1台だ。
 デザイン的な観点で、アンテナ内蔵ならではのスッキリ感が演出されているのはもちろんだが、その内蔵されているアンテナがスゴイ。
 「3直交アンテナ」と言っても、すぐにはピンと来ないだろうが、ただ外部のアンテナを筐体内部にしまい込んだだけでない。内蔵だからこそできる複雑なアンテナの構造が実現されていて、内部の主要なアンテナ1つずつが、X軸、Y軸、Z軸方向の3方向へ電波を送受信できるようになっているものだ。
 Wi-Fi 6ことIEEE 802.11axでは、実機ベースで最大4804Mbps(規格上の最大値は9.6Gbps)の通信に対応している。Wi-Fi子機側は現状、PCでは2402Mbps、スマートフォンでは1201Mbpsが最大の通信速度となっているが、こうした高い速度で通信するには、電波をいかに効率的に送受信できるかがカギになる。
 このため、外付けアンテナでは、Wi-Fi子機の設置状況(相対的な位置や方向)に向けてアンテナの向きを適切に調整しないと、真の実力を発揮させるのが難しい。
 これに対してAterm WX6000HPは、内部のアンテナが3直交、つまり多方向をカバーする構造となっている。なので極端な話、Wi-Fi子機が同一フロアにあろうが、上や下の階にあろうが構わないし、スマートフォンなどを持ち歩いたり、縦横どちらの向きにしても、自動的に電波を最適な状態で送受信ができる。
 本製品では、「安定通信」がセールスポイントの1つとして大きく訴求されているが、この凝ったアンテナ構造は、その拠り所の1つだ(ノイズを抑える仕組みなど、ほかの工夫についてはこちらのインタビュー記事を参照)。
 要するに、Aterm WX6000HPでは、アンテナを「ただ内蔵」しているのではないわけだ。
 これまで、パフォーマンス重視のWi-Fi 6ルーターには「見た目には多少目をつぶってアンテナ外付けの製品を選ぶ」というイメージがあったが、本製品に関しては、むしろ、こうしたアンテナ内蔵についての事情を分かっている人が積極的に選ぶ、ツウ向けのモデルという印象を受ける。
■Wi-Fi 6でPCもスマホも同時通信を快適に
 それでは、製品をチェックしていこう。
 まずは、対応する規格だが、本製品は、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応の2.4GHz+5GHzのデュアルバンドルーターとなる。
 IEEE 802.11axの規格に関する技術的な部分はほぼ固まっており、Wi-Fi機器の互換性を認証するWi-Fi AllianceでもWi-Fi 6の認定プログラムを開始している。本製品も正式にWi-Fi 6の互換性が認定された「Wi-Fi 6 CERTIFIED」の製品であり、安心して利用することができる。
 Wi-Fi 6対応の製品は、スマートフォンやPCなど徐々に増えてきており、国内では利用者が多いiPhone 11シリーズもWi-Fi 6対応となっている。Wi-Fi 6の実力をフルに発揮させるには、Wi-Fiルーターだけでなく、スマートフォンやPC側の対応も必要だが、今後はWi-Fi 6が当たり前の時代になることは間違いないだろう。
※ 設定画面からLANへの切り替えが可能
 最大速度は、5GHz帯が4804Mbps(8ストリーム)、2.4GHz帯が1147Mbps(4ストリーム)となっており、標準では80MHz幅を利用するクワッドチャネルの設定だが、設定画面で「オクタチャネル」の設定をオンにすることで、160MHz幅での通信にも対応する。
 これにより、iPhone 11やGalaxy S10といったWi-Fi 6対応スマートフォンを最大1201Mbps(80MHz/2ストリーム)で接続できるのはもちろん、ノートPCなどでの採用が増えているIntel AX200やKiller AX1650などの160MHz対応モジュール搭載機で、最大2402Mbps(160MHz/2ストリーム)での通信が可能となる。
 Wi-Fi子機側が1201Mbpsや2402Mbpsなのに、Aterm WX6000HPの4804Mbpsはオーバースペックに思えるかもしれないが、Wi-Fi 6は、最大速度が速いだけでなく、OFDMAやMU-MIMOといった技術により、同時通信が快適なのも特徴の1つだ。
 本製品でも、2ストリーム対応の一般的なWi-Fi子機であれば、最大3台までの同時通信をサポートしている。動画をスマートフォンで楽しみつつ、PCでゲームをやったりファイルをダウンロードしたり、といった同時通信が発生しても、それぞれの端末で高い速度を維持できる。
 単に速いだけでなく「同時に速い」のが、Wi-Fi 6対応のAterm WX6000HPの特徴というわけだ。
■2020年春から本格化する10Gbpsインターネット接続にも対応
 デザインは、従来のAtermシリーズから、ハイエンドモデルらしい高級感のあるものへと変更されている。
 その最大の特徴は、冒頭でも触れたようにアンテナ内蔵という点なのだが、それによるスッキリとしたデザインと、手ごろなサイズも本製品の魅力だ。縦置きタイプとなるため設置面積も余計に取ることなく、どんな場所にでも違和感なく設置できるだろう。
 有線LANインターフェースは、WAN×1とLAN×4で、LAN側はギガビットまでの対応ながら、WANポートは10GbE対応となっている。
 auひかりやNUROなど、10Gbpsの通信速度を実現可能な高速インターネット接続サービスはすでに提供されているが、NTT東西が提供するフレッツ光でも10Gbps接続サービスが2020年4月から開始予定とされている。
 こうした状況を考えると、WAN側が10Gbpsに対応しているのは大きな魅力となる。現状10Gbpsサービスを利用しているならもちろん、将来的に10Gbpsサービスへ移行した場合にも、Aterm WX6000HPをそのまま使い続けられる。
 なお、10Gbps対応ポートは、WAN/LANの切り替えが可能だ。設定を変更すると、LANの1ポートが代わりにWAN用へと切り替わり、10GbpsのWANポートにNASなどのLAN内の10Gbps対応機器を接続可能となる。
■簡単設定の使いやすさはAtermシリーズのまま、IPv6 IPoEにも当然対応
 セットアップは、Atermシリーズらしく、親切で簡単だ。
 Wi-Fiの接続は、付属のQRコードもしくはNFCによって簡単にできるし、本体の設定もスマートフォンからウェブブラウザーを使って簡単に変更できる。
 インターネット接続も、従来のPPPoEに加えて、IPv6 IPoEを利用したMAP-EやDS-Liteに対応する。最近では、回線の混雑による速度低下を避けるため、IPoE方式のIPv6接続サービスを選択する人も増えてきているが、こうしたサービスにしっかり対応するのはありがたい。
 現状、Wi-Fi 6に対応したルーターには海外メーカー製が多い。そして、そのほとんどがMAP-EやDS-Liteには対応していない。前述した10Gbpsサービスの登場もそうだが、やはり日本の事情をしっかりと理解し、その対応が万全な国内メーカー製品は、こうした面での安心感が違う。
 このほか、機能面で特徴的なのは、セキュリティへの配慮だ。
 ファームウェアの自動アップデート機能が新たに搭載され、標準では深夜1時に最新ファームウェアのチェックと更新が自動的に実行されるようになった。
 数年前に流行したマルウェア「Mirai」をきっかけとして、IoT機器のセキュリティ対策の必要性が叫ばれるようになってきたが、この機能によって、今後は、Wi-Fiルーターの脆弱性が放置されることがなくなるはずだ。
 深夜にゲームをやることが多いなら、万が一に備えて更新時間を変更しておくことをお勧めするが、本製品を使っていれば、定期的にファームウェアをチェックして更新するという面倒な作業から解放されることになる。
 Wi-Fiの暗号化についても、新たにWPA3を選択できるようになった。標準設定のWPA2のままでも安全性は確保できるが、より複雑な仕組みを使って通信を暗号化できるようになる。もちろんWPA3だけではなく、WPA2/WPA3の混在も選べるので、Wi-Fiのプライバシーを気にする場合は、設定を変更しておくといいだろう。
 いずれも地味な機能ではあるが、現在市場に出回っているWi-Fi 6対応機で、このようにファームウェアの自動アップデートやWPA3への対応をしっかりと実現している機種は、実はあまり多くない。
 本製品の特徴は安定通信だが、こうしたセキュリティ機能によって、安心して使える点も大きな魅力と言えるだろう。
■最大1.59Gbps! 長距離も500Mbpsオーバーと速い
 気になるパフォーマンスだが、かなり優秀だ。
 以下は、木造3階建ての筆者宅の1階にAterm WX6000HPを設置し、各階でiPerf3による速度を測定した結果だ。前述したように、本製品は10Gbps対応ポートが標準ではWANに設定されているので、まずはそのままWAN側として利用した。インターネット回線には10Gbpsのauひかりを接続し、iPerf3測定用のサーバーは1Gbpsで接続している。
 なお、筆者宅のテスト環境では、160MHz時にW52のチャネルを利用した場合に通信が安定しなかったため、手動で100ch(W56)に固定した状態でテストを実施している。同様に160MHz時に通信が安定しにくいときは、設定画面で「オートチャネルセレクト」をオフにし、W56(100chなど)を手動で選択しておくことをお勧めしたい。
iPerfテスト(10Gbps WAN接続時)
 続いて、設定画面でWAN/LANを入れ替え、LAN側に10GbpsでiPerf3テスト用のNASを接続した場合の結果だ。
iPerfテスト(10Gbps LAN接続時)
 上記の表とグラフでは、データが多すぎて見にくいため、今回はポイントとなる部分のみをピックアップしていこう。
10Gbpsポート使い分けの比較
 まずは、10Gbpsポートの使い分けの比較だ。「10G LAN」ではテスト用のNASが10Gbpsで接続され、「10G WAN」ではNASが1Gbpsで接続される。後者では、1Gbpsの有線がボトルネックになってしまうが、前者ではNASに対して、最大で1590Mbpsで通信することができた。
 NASに保存された動画を見るとか、写真を大量に保存する必要があるといった場合

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク