スポンサードリンク

ドコモ、「AQUOS R3/R2」「Wi-Fi STATION SH-05L」でソフト更新(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ドコモ、「AQUOS R3/R2」「Wi-Fi STATION SH-05L」でソフト更新
[元記事]
 NTTドコモは、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS R3 SH-04L」「AQUOS R2 SH-03K」の2機種と、モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-05L」向けに、ソフトウェア更新サービスの提供を開始した。【この記事に関する別の画像を見る】 AQUOS R3 SH-04Lの更新内容は、より快適に利用するための品質改善とされている。あわせて、2019年12月のセキュリティパッチが適用される。更新にかかる時間は約12分。更新後の更新後のビルド番号は「01.00.13」となる。
 AQUOS R2 SH-03Kでは、まれにカメラアプリがフリーズする場合があるという不具合の改善が行われる。更新にかかる時間は約10分。更新後のビルド番号は「02.00.15」となる。
 Wi-Fi STATION SH-05Lの更新内容は、より快適に利用するための品質改善。更新後のソフトウェアバージョン番号は「01.00.95」となる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク