スポンサードリンク

7年ぶり「倍返しだ!」令和の時代にいよいよ半沢直樹が帰ってくる 「本当にすごい勢い」堺雅人クランクインでスタッフのアツさに感激(中日スポーツ)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

7年ぶり「倍返しだ!」令和の時代にいよいよ半沢直樹が帰ってくる 「本当にすごい勢い」堺雅人クランクインでスタッフのアツさに感激
[元記事]
 俳優の堺雅人(46)が主演するTBS系日曜劇場「半沢直樹」(4月スタート、日曜午後9時)が23日、東京都内でクランクインした。2013年に放送され、「やられたらやり返す。倍返しだ!」のキメぜりふが社会現象にもなったメガヒット作の続編。堺演じる型破りの銀行員・半沢が満を持して7年ぶりに令和の時代に帰ってきた。
 待望の続編となる今作は、人気作家・池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズの「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」を映像化。前作に引き続き福澤克雄監督がメガホンを取った。「東京中央銀行」のバンカー・半沢が、出向先の証券会社で次々に発生するトラブルに直面、理不尽な要求に対する新たな復讐(ふくしゅう)劇が展開される。
 この日は午前7時、東京都心のオフィス街で、出向先から本社に向かうシーンの撮影からスタート。現場入りした堺は引き締まった表情で「頑張りましょう」とスタッフにあいさつした。前夜はぐっすり寝てしまったという。「現場の勢いにびっくりして、もっと台本を読み返しておいた方が良かったかもしれないと思ってしまうぐらいでした。圧倒されてしまいました」
 前作は13年7月期に放送。立身出世と社会正義の間で揺れる主人公の苦悩を、堺が迫真の演技で表現して話題となり、最終回は平成の30年間でドラマの最高視聴率の42・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をはじき出した。
 その後に生まれた福澤監督作品にも、東京中央銀行は出てくる。「スタッフさんの中で“半沢”は生き続けていたんだと思います。今日はただのスタートではなく、“既に走っているものに慌てて飛び乗る”というような幕開けでした。初日から、本当にすごい勢いです」とアツい撮影現場に感激した様子だった。
 名ゼリフ「倍返しだ!」は再び視聴者の心をつかむか。堺は「頑張ります。でも『倍返し』って、はじめに意地悪してくれる相手がいないとできないんですよね。今回の敵も強烈ですごい方ばかりだと聞いています。みなさんと力強い『倍返し』を作っていきたいです」と予告した。
 その上で「もしかすると、『倍返し』なんて全然出てこなくて、全く違うキメぜりふになっているかもしれません。(脚本家は)2作連続で流行語を狙っているかもしれませんし」と不敵な笑みを浮かべていた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク