スポンサードリンク

LTEモジュールなど豊富なカスタマイズが可能なビジネス向け15.6型ノートPC「MousePro NB5」(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

LTEモジュールなど豊富なカスタマイズが可能なビジネス向け15.6型ノートPC「MousePro NB5」
[元記事]
 「MousePro NB5」は、株式会社マウスコンピューターがビジネス向けに展開する15.6型ノートPC。最大の特徴はその豊富なカスタマイズ項目で、CPUはCore i5-8265UやCeleron 4205UやCore i3-8145U、Core i7-8565Uが選択可能。メモリスロットを2基を備え、容量は最大32GBまで搭載できる。【この記事に関する別の画像を見る】 OSはWindows 10 Proのほか、Windows 10 Homeを選択する事も可能になっており、より低価格での購入も可能となっている。光学ドライブは有無が選べるだけでなく、搭載する場合にはDVD-ROMドライブやDVDスーパーマルチ、BDドライブなどから選択でき、ストレージについてもSSDかHDDのいずれかが選択できるなど、選択肢が豊富に用意されている。さらに、LTEモジュールの有無や、Officeの有無など用途に合わせて幅広くカスタマイズできる。
 今回試した「MousePro-NB510H-2001」は、CPUにCore i5-8265Uを搭載し、メモリは標準の8GB。M.2 SATA3接続の512GB SSDとDVDスーパーマルチドライブ、LTEモジュールとWi-Fi 6の無線LANを内蔵し、1,920×1,080ドット表示対応15.6型非光沢液晶ディスプレイを搭載したモデルとなっており、価格は税別107,400円。
 そのほかの共通の特徴として、キーボードの設計を一新し、19mmのキーピッチを確保したほか、主要キーとテンキーを適度なスペースで区切り、ミスタイプを軽減できる。さらに、ミニD-Sub15ピンやSDカードリーダのほか、USB Type-Cを搭載。周辺機器との接続のほか、USB PD(20V/2A以上)によるPC本体への充電も行なえる。
 インターフェイスは、SDカードスロット、USB 3.1 Type-C、USB 3.0、USB 2.0×2、Gigabit Ethernet、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、100万画素Webカメラ、音声入出力などを備える。
 バッテリはリチウムイオンで、駆動時間は約7.2時間。本体サイズは361×256×24.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量は公称で約2.1kg。
 BTOのカスタマイズを用意するメーカーは多いが、「MousePro NB5」では、とくにストレージの種類が豊富だ。SSDの場合、接続インターフェイスとして、M.2 SATA3以外にもM.2 PCI ExpressやM.2 PCI Express 3.0 x4接続、SATA3接続も選択可能で、容量も最大2TBまで用意されている。なるべく安く大容量のストレージを搭載したい場合などは、2TBのHDDを選択することも可能だ。
 インターフェイスについても、最近の薄型ノートなどでは省略されることが多いD-Sub15ピンやSDカードスロットなどを備えるので、デジタルカメラなどのデータ取り込みでSDカードを使ったり、古めのプロジェクタと連携するさいに、D-Sub15ピンを使用するなど、ビジネスの現場の需要を考えたノートPCに仕上がっており、こうしたインターフェイスが有用な人や会社にとってはありがたい選択肢の1つとなっている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク