スポンサードリンク

トリプルカメラの「moto g8 plus」、3万8800円(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

トリプルカメラの「moto g8 plus」、3万8800円
[元記事]
 モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「moto g8 plus」を3月16日に発売する。直販サイト「moto store」での価格は3万8800円(税込)。【この記事に関する別の画像を見る】 「moto g8 plus」は、トリプルカメラと6.3インチ、アスペクト比19:9のディスプレイを備えるAndroidスマートフォン。
■トリプルカメラ
 4800万画素のメインセンサー(F値1.7)、1600万画素の超広角アクションカメラ(広角117度)、500万画素深度センサーを搭載したトリプルカメラシステムと独自ソフトウェアを搭載。低光量での感度が4倍向上するナイトビジョンに対応し、光量が非常に少なくても被写体を明るく自然に撮影することができる。インカメラは2500万画素(F値2.0)。
 AIエンジンにより、撮影シーンに応じた撮影モードや設定を自動で最適化してくれる。
 モトローラ独自のアクションビデオ技術で動画を最適化し、ブレの少ない動画撮影が可能。また、117度の超広角カメラでも撮影することできる。
■ドルビーオーディオや4000mAhバッテリーを搭載
 6.3インチ、フルHD+(2270×1080ドット)のIPS液晶と、Dolby Audio(ドルビーオーディオ)に対応のステレオスピーカーを搭載し、臨場感のあるサラウンド・サウンドを楽しめる。
 バッテリー容量は4000mAh。さらに18Wのターボパワーチャージャーが用意されており、15分程度で、8時間ほど駆動できる電力を充電できるという。
■主な仕様
 チップセットはSnapdragon 665(2.0GHz×4、1.8GHz×4のオクタコア)。メモリは4GB、ストレージは64GB。6.3インチ、2280×1080ピクセルのIPS液晶ディスプレイを搭載する。OSはAndroid 9。
 大きさは約158.4×75.8×8.27mm、重さは約188g。ボディカラーはコズミックブルー、ポイズンベリーの2色。
 外部インターフェイス、通信機能として、USB Type-C、イヤホンマイクジャック、microSDカードスロット(最大512GB)、デュアルSIMスロット(DSDV)、Bluetooth 5.0、Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、NFCに対応する。
 対応バンドは、LTEでは1、2、3、4、5、7、8、18、19、20、26、28、38、40、41で、大手3キャリアのネットワークに対応する。3Gでは1、2、5、8、19。
 モトローラ・モビリティ・ジャパンのダニー・アダモポウロス社長によれば、同社のスマートフォンはこれまで、2017年にMVNO2社、2018年には4社、2019年には6社に取り扱われるようになり、2020年は8社へ拡大する見通しだという。
 2019年の国内SIMロックフリー市場は伸び悩んだが、その中でもモトローラのシェアは伸びたとアダモポウロス社長。これは競合他社のなかにシェアを落としたメーカーがあったことが大きな要因とのことだが、モトローラが提供した「g7」シリーズへの評価も貢献したとのこと。「g8 Plus」は従来からのモトローラユーザーにも受け入れられるとの自信も示していた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク