スポンサードリンク

クラウド型認証サービス「HENNGE One」、ウイングアークのBIダッシュボード「MotionBoard」とアクセス連携(Impress Watch)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

[元記事]
 HENNGE株式会社とウイングアーク1st株式会社は25日、HENNGEのクラウド型認証基盤(IDaaS)「HENNGE One」と、ウイングアークのBIダッシュボード「MotionBoard」をアクセス連携させたと発表した。
 MotionBoardは、企業内のデータを多彩な表現で可視化できるBIダッシュボード。専門知識がなくともノンプログラミングでダッシュボードの作成を行えるほか、豊富なチャート表現、モバイル対応といった特徴を持つという。
 一方のHENNGE Oneは、Office 365、G Suite、Box、LINE WORKSなど、さまざまなクラウドサービスへのセキュアなアクセスとシングルサインオン(SSO)機能などを提供する、クラウド型のセキュリティサービスである。
 今回はこのMotionBoardとHENNGE Oneが連携することにより、煩わしいIDやパスワードの管理が不要になるため、さまざまなデバイスからセキュアに経営ダッシュボードへアクセスできる環境の構築が容易に可能になるとのことだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク