スポンサードリンク

木村拓哉「エル」で新宿ゴールデン街歩く、門脇麦の企画やラウール×Diorも(映画ナタリー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

木村拓哉「エル」で新宿ゴールデン街歩く、門脇麦の企画やラウール×Diorも
[元記事]
2月28日発売のエル・ジャポン4月号で、木村拓哉のフォトストーリーとインタビューが9ページにわたって掲載される。【写真】エル・ジャポン4月号 表紙(メディアギャラリー他5件)フォトストーリーは、東京・新宿のゴールデン街を歩く木村の姿を森山大道が撮り下ろしたもの。撮影は2020年の年明け早々に行われ、「かっこいいね。男としての在り方がいいよね」との森山の言葉に対して木村は「すごく光栄です。もったいないですが、単純にうれしいです。森山さんとのセッションは、想像したよりものすごくフラットで驚きました」とコメントした。そしてインタビューでは尊敬する明石家さんまから受けた助言や、久しぶりに挑む音楽活動、そしてその支えとなる忌野清志郎の存在について語っている。
そのほか誌面では「“女たちの絆”がキーワード 春の映画、百花繚乱!」と銘打たれた特集が展開。さらに「エル シネマアワード2019」でエル・ベストアクトレス賞を受賞した門脇麦のインタビューやファッションポートレート、長谷川潤、水原希子、三吉彩花が登場するページ、モトーラ世理奈による着回しメイク企画、リップスティック「ディオール アディクト ステラー シャイン」の発売記念でラウール(Snow Man)とDiorがコラボレートしたスペシャルコンテンツも掲載される。
なお同号は通常版に加えて、ミュベールのコバタンポーチが付属する特別版が数量限定で販売される。
木村がゲスト声優を務めた「映画ドラえもん のび太の新恐竜」は、3月6日より全国でロードショー。門脇の出演ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」は、テレビ東京系で毎週金曜24時12分から放送中で、三吉の主演作「犬鳴村」は全国の劇場で上映中だ。水原が参加したNetflixオリジナルドラマ「FOLLOWERS」は2月27日より配信される。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク