スポンサードリンク

【パリ~ニース:レビュー】混乱極まるも奇跡的な熱戦!シャフマンが人生初の総合優勝で有終の美!(J SPORTS)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

【パリ~ニース:レビュー】混乱極まるも奇跡的な熱戦!シャフマンが人生初の総合優勝で有終の美!
[元記事]
もしかしたら今春最後のワールドツアー大会だったのかもしれない。新型コロナウィルスが地球上で猛烈に拡大し続ける中、2020年パリ?ニースは奇跡的なまでに、熱のこもった素晴らしい大会となった。そして予定よりも1日早く、ラ・コルミアーヌの山頂で幕を閉じると、プロトンはいつ終わるともしれぬ長い隔離生活に入った。

なんだか矛盾するようだが、参加メンバーは少々物足りなくもあり、豪華でもあった。開幕前の1週間でフランスの感染者は130人から1200人へと急激に膨れ上がり、全部で19あるUCIワールドチームのうち、7チームが直前に出場を取り消した。一方で開幕2日前にティレーノ?アドリアティコの中止(正式には延期)が発表されると、イタリア行きを予定していたビッグネームたちが、次々とフランスへと押しかけた。つまり真夏のツールで激突が期待されるベルナルもログリッチも不在だったが、代わりにジロ組のニバリやバルデがやって来た。

しかもストラーデ・ビアンケやミラノ?サンレモの中止で、やり場のないフラストレーションを抱えるクラシックハンターたちが、初日から激しく攻撃を仕掛けた。パリ?ニース序盤名物の雨や横風を利用して、集団をバラバラに破壊すると、昨春2大会(ストラーデ・ビアンケ、ミラノ?サンレモ)を制したアラフィリップや2年前の「白い道」覇者べノートが集って前に飛び出した。最終的に4選手がスプリントを争い、アルデンヌに向け調整中のシャフマンが勝ち名乗りを上げた。

その第1ステージの当日、イタリア北部が封鎖された。夜にはフランス政府が、1000人以上の集会禁止を発表。第2ステージ以降の選手たちは、一般観客の目から遠く離れた場所で、スタートとフィニッシュを争うこととなった。

幸いにもTVカメラからの映像が、熾烈なレースをたっぷりと映し出してくれた。アルカンシェル姿のピーダスンや昨ルーベ2位ポリッツが斜め隊列を先導し、まるで北クラシックさながらの大乱闘を繰り広げた。大集団スプリント向けのステージのはずだったのに、終わってみればまたしても小集団フィニッシュ。開幕直前にベルギーの「オープニングウィークエンド」でクールネ2位に食い込んだニッツォーロが、仕上がりの良さをアピールし、今季2勝目をさらいとった。この夜から勝者の祖国イタリアは、全土の完全封鎖に突入した。

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク