スポンサードリンク

ビデオ会議システム「MEDACA(メダカ)」、3クリックで文字起こしする機能をオプションで追加(アスキー)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ビデオ会議システム「MEDACA(メダカ)」、3クリックで文字起こしする機能をオプションで追加
[元記事]
三井情報はビデオ会議コミュニケーションサービス「MEDACA(メダカ)」 のオプションとして、自動保存機能と文字起こしサービスを追加する。

 三井情報(MKI)は3月18日、ビデオ会議コミュニケーションサービス「MEDACA(メダカ)」 のオプションとして「ビデオ会議議事録支援自動化サービス」を発表。3月30日より提供開始する。
 
 MEDACAは「Zoom」「Box」「ProVoXT」の3つのクラウドサービスに対応し、利用者向けヘルプデスクなどのテレワークに必要な環境を一式で提供している。同社では、ユーザーから要望としてビデオ会議後の音声データのBoxへの自動保存や文字起こしの自動化を望む声が寄せられていたという。
 
 オプションとして提供される新機能では、会議終了後の音声データのアップロード作業を自動化、ユーザーが3クリックで文字起こしを実行指示できる。会議後のアップロード忘れによる共有遅延が防止できるほか、音声データのアップロード後は文字起こし実行中でも音声データの再生が可能。
 
 オプションはビデオ会議ツールとしてZoomを選択しているユーザー向けで利用には月額600円/IDが別途かかる。MEDACAビデオ会議コミュニケーションサービスは「スターターパック」(10ユーザー/月額6万7100円)から提供(価格は税抜き)。
 
 
文● ASCII

スポンサードリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク